すでに加入している方でも、保険の中身まで詳しく知っている方は少ないと思います。保険を正しく理解するために、生命保険の仕組みについて確認しておきましょう。

日本ではじめての保険は?

画像の代替テキスト
保険は相互扶助(助け合い)の精神から成り立っています!
まず最初に、日本ではじめて保険に入った人は誰だかご存知ですか?

慶応3(1867)年に、ヨーロッパの近代的保険制度を紹介し、そして自分でもはじめての保険契約を結んだのは、福澤諭吉といわれています。それが発端となり、1881年(明治14年)日本最初の生命保険業として明治生命保険会社が開業されました。生命保険は、相互扶助の精神が基本となっているため、相互会社からスタートしたところが多いようです。

生命保険会社の経営形態には、相互会社と株式会社があります。相互会社は契約者が社員となり、生命保険会社の運営に参加し、利益は社員に還元される組織のことをいいます。一方、株式会社は、契約者は保険の契約関係だけで、会社の運営には参加しません。しかし、利益は配当として還元されます。株式会社も相互会社もほとんど違いなく運営されていますが、最近では、大同生命や三井生命が相互会社から株式会社に変更しました。

一人は万人のために、万人は一人のために

生命保険の基本的な考え方に、「一人は万人のために、万人は一人のために」という言葉があります。大勢の人々が、わずかずつのお金を出し合って、大きな共有の準備財産をつくり、仲間に万が一のことがあったときには、その中から仲間の家族にまとまったお金を出して、経済的に助け合うという仕組みを表しています。つまり、生命保険は相互扶助(助け合い)の精神で成り立っているのです。あなたが払った保険料は誰かの役に立っているし、あなたにもしものことがあれば、みんなから助けられるのです。

集められたお金は、一部は経費として使われますが、大部分は将来の保険金などの支払いのために積み立てられ、運用に回されています。運用方法は、株式や公社債などの有価証券であったり、企業にお金を貸したりするなどしています。

保険料はどうやって決められているの?

実際の保険料は、過去の死亡統計から将来の死亡者数を予測する「予定死亡率」、どのくらいの利率で運用できるかを予測する「予定利率」、経費はどのくらいかかるかを予測する「予定事業費率」の3つの「予定率」というものにもとづいて計算されています。

年齢が若ければ、死亡率は低くなるため保険料は安くなり、年齢が高くなれば死亡率も上がるので、保険料は高くなります。また、予定利率が高いときは利息が多く見込めるので保険料が安くなり、予定利率が低いときは利息があまりつかないので、保険料が高くなります。ということは、現在は、低金利の状況下で予定利率が低いため、保険料が割高ということになりますね。

「お金が余ったり、足りなくなったりしたときには、どうするのでしょう?」 次ページへ>>