画像の代替テキスト
終身保険ってどんな保険なの?
ある一定期間の保障である定期保険や養老保険に対し、終身保険は、保障が一生涯続きます。また、途中で解約した場合でも解約返戻金があり、支払った保険料に対して返戻率が比較的高いため、貯蓄性を兼ね備えた保険であるとも言われます。そんな終身保険の基本を理解しましょう。

保険料の支払方法はいろいろある

終身保険は一生涯保障が続く保険ですが、保険料の支払方法や支払期間にはいろいろあります。その主な方法についてみてみましょう。

【その1】「平準払い」
保険料を「月払い」や「年払い」など定期的に払っていく方法です。月々の保険料を口座引き落としなどで支払う方が多いでしょう。そして、保険料の支払い期間については、一生涯に渡って払い続ける「終身払い型」や、60歳など一定期間までに支払いを終える「有期払い型」があります。月々の保険料負担では「終身払い型」の方が安くなりますが、支払い保険料総額を比べると、平均寿命まで生きた場合、「有期払い型」の方が安くなるのが一般的です。

【その2】「一時払い」
加入時にあらかじめ、ある程度まとまったお金がある場合は、全期間の保険料を一括して払い込むことが出来ます。これを「一時払い型終身保険」といいます。この場合は、以後の保険料負担はなく、一生涯の保障を確保することができます。


いろいろな仕組みの終身保険がある  次ページへ>>