生命保険は銀行預金よりリターンが多い?!

生命保険を上手く活用しましょう!
生命保険は掛け捨てが良いのか貯蓄性の高いものが良いのかという議論に成否はありません。保険を使わず別の金融商品を活用して資産を作る方法があり、一方で生命保険を使った資産の形成方法があるだけです。そこで今回は「掛け捨て保険は嫌いだ」という人のために生命保険でお金を貯めながら保障も確保できる極意をお伝えしましょう。

死んでいくらの生命保険から生きて受け取る生命保険設計へ

生命保険は保障を得るものです。確かに死んでいくらの商品です。でも実はお金が溜まるのです。貯蓄と保障をは分けたほうが合理的という声も聞きますがあくまで好みの問題で、その是非を問うこと事態に無理があります。生命保険には解約返戻金や満期保険金があります。低金利の現在でも元本を上回る解約返戻金や満期保険金が受け取ることのできる保険があるのです。これでも保険で貯蓄は「損」なのでしょうか?

本当に生命保険でお金が貯まるのか?

生命保険は、月払いであれば毎月、年払いであれば毎年、決められた日に保険料としてあなたの口座から引き落とされます。これが、あなたが積み立てたお金と考えます。

保険料=積立金  です。

そして、それを解約、もしくは契約を満了した場合に手元に戻ってくるお金が
解約返戻金(解約時の払戻金)もしくは満期保険金となるのです。

保険料の総支払額<解約返戻金(満期保険金)

のとなればお金は貯められるということになりませんか?さらに、この条件を満たした上で、これは保険ですから、必ず保障が付いています。掛け捨ての保険にならば保険料は単純にに出て行くお金です。しかし保障がありながら解約時や満期時に支払った保険料よりも多く返ってくるという事実があるのです。
※ただし「保険料の払込が終了」していないとこの不等式は成り立たないケースが殆どです。したがって短期間でお金を貯めたければできるだけ保険料の払込が済むような契約にしなくてはいけません。