まさかの時に出て行くお金を考える

もし、万一病気や怪我で入院することになったら、どんな費用がかかるのでしょうか。治療費、差額ベッド代、入院時の雑費、家族の交通費などの諸費用が考えられます。

治療費は国民健康保険で個人事業主も社会保険同様3割負担です。健康保険適用の治療であれば高額療養費制度もありますので、概ね病院に支払ったお金で約7万円(所得によって規定額に多少幅があります)をる超える部分に関しては、健康保険に申請すれば戻ってきます。

差額ベッドは病院によって代金は様々です。身内に入院経験者がいるとわかると思いますが、今はなかなか一般のベッドが空いておらず、緊急の入院の場合、一度は差額ベッドに入るケースが多いと思います。

したがって、差額ベッド代も頭に入れておく必要があります。差額ベッド代は病院によって設定が異なり、1日2人部屋が1万円かかる病院もあれば、5000円の病院もあり様々です。

厚生労働省では差額ベッドを利用する意志のない場合は、差額ベッド代を支払う必要はないと言っていますが、あくまで建前で、入院時の患者は弱者です。病院側が「では他の病院にいってください」といえばそれでおしまいです。

すぐにでも入院したい患者は差額ベッド代を支払うことに承諾せざるを得ません。差額ベッド代も忘れてはならない出費のひとつなのです。

入院時の雑費、家族の交通費は、看病に家族が来るたびにいろいろと非日常的なお金がかかるということです。個人事業主の場合は奥さんも一緒に働いているケースも多いでしょう。大黒柱が留守の間、アルバイトの手配、看病、実家の親に子供の面倒を頼んだりと、様々な出費が考えられます。

出て行くお金は概ねこんなところです。上記はあくまで健康保険の適用される病気です。高度先進医療や、がんなどの民間療法は健康保険の対象ではなく、それこそ、1ヵ月で百万円以上の治療費用が必要となるケースも考えておいて間違いないでしょう。