独身なんだから誰も困らないよ・・・

このサイトでは再三にわたり、生命保険の見直しに、一般論はありませんとお話してきました。とはいえ、やはり皆さんが知りたいのは道しるべとなる見本ではないでしょうか。そこで、お断りつきで年代別保険の見直しの代表例をご案内することにします。ただし、あくまで参考に、一歩を踏み出すきっかけにし、具体的な見直しは自分と向き合い商品に左右されない保険選びを忘れないことをお願いします。

さて、第一弾は最も見直しを考える世代。当サイトの読者でもかなり多くの割合をしめる30代の生命保険についてみていきましょう。

30代といってもいろいろ

いくらなんでも、30代でくくってしまうのは生命保険においてはありえません。家族構成や働き方でぜんぜん違うものになってしまうので、それぞれのケースについて代表的な考えを見ていきましょう。

シングル(独身)の場合

まずは、独身の方です。30代で独身なんて当たり前の時代。そんな方が新入社員のときに加入した、自分がまだ学生のころに親がかってに加入した生命保険をそろそろ、見直そうという時期です。いや、まだまだ全く生命保険や医療保険に加入していないという人も決して少なくないのではないでしょうか。

特に結婚等の転換点があるわけではありません。やはりこの年になると非合理的なものには抵抗があるのではないでしょうか。独身なので保険なんてやっぱりいらないとばかりに、もう何年も保険料を支払ってきた生命保険を躊躇なく全部解約してしまう人も少なくないようです。または共済などの保険期間が短く安い掛け捨ての保険に切り替え、合理的と感じる契約に切り替えるのです。

さて、この層の人たちの考え方は

1.守るべきものがないし、だれも困らない。まだ若いから保険はいらない。

2.死んだらいくらの保険はいらないけど、自分が困るので入院だけは備えたい。

3.将来結婚して、子どもが出来たときのために今から考えたい

と、概ねこんな感じではないでしょうか。

さて、実はこの考え方にはそれぞれ盲点があります。どんな盲点か見ていきましょう。