他に何かメリットがあるの

この金融商品は保険の仲間なので、運用期間中に被保険者が亡くなって知った場合は、死亡保険金として受け取るため、生命保険の相続税の優遇措置があります。

また、運用期間が終わり、年金の支払いが開始していた場合は、年金を受け取る権利=年金受給権の相続になり、こちらも相続税を計算するときに財産の評価を下げることができ、相続税を減らすことができます。

退職金等、大切な資金を預けるのです。上記のほかにも、たくさんの情報がインターネットで拾えますので、銀行から勧められて加入を検討しているのであれば、しっかりと情報収集し担当者の知識を計って決めてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。