相続税の手続き

亡くなられた日より10ヶ月以内に相続人が申告しなければいけません。普通相続人は複数います。複数の相続人全員が申告しなければいけません。

例えば、相続人3名で相続財産をそれぞれ相続した場合、3名とも申告する必要があるわけです。通常税理士は3名連名にして申告します。

この後、相続した財産が例えばアパートだった場合は毎年、所得税や住民税が発生しますので、個々に申告する必要も出てきます。

相続税がかからない場合

よく「相続税がかからなければ、専門家に依頼しなくてもいいですか?」という質問をいただきます。結論から申し上げますと、相続税がかからない場合でも財産をどう分けるかによって、この後の所得税や住民税に大きな差が出てきます。また消費税はとても複雑ですので、専門家にご依頼された方がよいと思います。

以上、今回は基本的なお話を致しました。この中で不明な点などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。相談はこちらから
相続110番


【関連記事】
相続税がかかる財産
相続税の申告が必要かどうかの判定
相続税の計算方法

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。