私はこの場で相続についてさまざまなことをお話して参りました。そもそも相続税とはどんな税金なのでしょうか?そこで今回は相続税についてもっとも基本的なことについてお話していきましょう。初めてご経験された時にお役に立つ、そんなお話です。

相続税とは

相続税とはお亡くなりになった方が残した財産(亡くなられた日の評価)に対してかかる税金のことを言います。借金がある場合は財産から借金を除いたものに対して税金がかかります。



ただし、相続が発生した方全員に相続税がかかるわけではありません。相続税のかかる方は、全体の5%位です。



相続が発生するとどんなことが起きるのか

亡くなられた方の預貯金口座は閉鎖されます?
亡くなられた方の預貯金口座は閉鎖されます
1.まず、亡くなられた方の預貯金口座が閉鎖されます。返済や引き落としのある場合は早急に相続人全員の同意書を作成し、解除するか相続人代表の口座を作らなければいけません。



2.亡くなられた方が住んでいた管轄の税務署から相続税申告書が送られてきます。この申告書を使って相続税の申告をすることになります。