事例を基に相続税を計算

まずは通常の相続税の計算の流れからおさらい

まずは通常の相続税の計算の流れからおさらい

相続税の節税額と手取り額の計算方法のお話をするために、まずは通常の相続税の計算の流れから、事例を通して見ていきましょう。

■事例 
財産(課税価格)5億円 法定相続人の数2人(内訳 配偶者なし・子2人)
子Aは財産3億円を取得、子Bは財産2億円を取得した場合

■相続税の計算の流れ
1.基礎控除額を控除する。
50,000万円(課税価格)-7,000万円(基礎控除額※)=43,000万円(基礎控除後の金額)
※基礎控除額=5,000万円+1,000万円×法定相続人の数

速算表があると便利

速算表があると便利

2.法定相続分で按分し、右記の速算表の税率を乗じ、控除額を控除する。さらに、それぞれの税額を合算し相続税の総額を計算する。

●子A
43,000万円×1/2(子Aの法定相続分)=21,500万円(下記の速算表で税率と控除額を確認)  
21,500万円×40%(※)-1,700万円=6,900万円

●子B
43,000万円×1/2=21,500万円  
21,500万円×40%※-1,700万円=6,900万円
(※)この「40%」という数字をチェックしておいて下さい。後で使います。
相続税額を合算する
6,900万円+6,900万円=13,800万円(相続税の総額)

3.相続税の総額を各人の取得割合に応じて按分する。

●子A  
相続税額 13,800万円×(3億円/5億円)=8,280万円
手取額 3億円(取得財産額)-8,280万円(相続税額)=2億1,720万円(この金額も確認しておいて下さい)

●子B
相続税額 13,800万円×(2億円/5億円)=5,520万円
手取額 2億円-5,520万円=1億4,480万円

では、節税額と手取額はどうやって出したらいいのでしょうか?次のページ以降で見ていきましょう。

節税額を知るには、次のページで!>>