幼稚園の経営が引続き行なわれていくこと

打合せ
幼稚園の土地が非課税になる条件とは?
幼稚園は公益事業でありますので、相続後も経営を続けて頂かなくては困ります。そこで、相続前から幼稚園で使用している財産の届出が必要になります。さらに、相続後、後継者がその財産を取得して、経営を継続することが求められます。

適正に事業が行なわれていること

いい加減な経営をしているところには、非課税を認めるわけにはいきません。その際には下記のような点がチェックポイントになります。

・幼稚園の経営者及びその親族の給与が適正か?
・きちんと経理処理されて、申告されているか?
・脱税などをしていないか?

給与については、幼稚園の規模や地域などの違いにより細かく基準が決められていて、国税庁から発表されています。

届出をうっかり忘れてとなったら、相続のときに大変です。幼稚園の土地等が相続税の非課税になるかどうかは、相続前からきちんとした処理が必要です。

関連リンク
相続税・財産評価額は?[All About 相続]
相続税を計算する[All About 相続]
相続・相続税Q&A、無料相談[All About 相続]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。