どうして売却か物納かの選択で売却の選択を採用した方が多かったか?

打合せ
ミニバブルが影響か?
1.東京を中心とした土地の値上がり(ミニバブル)があり、評価に比べ売却したほうが得な物件が今までよりは増えた。
2.2004年には広大地の評価方法が変わり、下がったため、広大地については物納するより売却するほうが有利となった。

どうして相続納税対策の準備がされている方が増え、現金納付が可能になったのか?

相続税納付の準備をされている方が増えているのは、現場として実感できます。相続税の納付の厳しさをご存知の資産家の皆様は、早めに売却に向けての測量・交換・問い合わせ等の準備をされているようです。

平成18年4月以降の相続発生については、延納・物納ともに要件が非常に厳しくなった状況も考えますと、今後も、物納申請件数は減少していくものと思われます。

関連リンク
相続税申告・相続手続き[All About 相続]
相続・相続税Q&A、無料相談[All About 相続]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。