時価20億円のマンションの評価

打合せ
時価20億円のマンションの相続税評価はどうなる?
同じ高層タワーマンションを10戸所有で時価20億円の場合には、相続税評価はどうなるのでしょうか?
前提条件
・建物:固定資産税評価は各戸2,500万円
・土地:路線価の補正後の評価が150万円/平米、各戸につき24平米(敷地全体の面積×敷地権の割合)
・1戸を自宅として、残り9戸は賃貸している。
・借地権割合70%、借家権割合30%
・自宅は小規模宅地等の特例の240平米まで80%減額の条件を満たしている。

■建物の評価
2,500万円+2,500万円×(1?30%)※×9戸=1億8,250万円
※貸家の評価割合

■土地の評価(相続税の計算に入れる金額)
150万円×24平米+150万円×(1?70%×30%)(※1)×24平米×9戸=2億9,196万円
小規模宅地の評価減240平米まで80%減額(※2)で2億3,356.8万円減額
2億9,196万円?2億3,356.8万円=5,839.2万円
(※1) 貸家の土地の評価割合
(※2) 通常、賃貸部分については、200平米まで50%減額です。しかし、同じ建物の中に自宅で240平米まで80%減額が受けられるものがある場合には、特別に賃貸部分についても240平米まで80%減額が受けられます。

■建物と土地の合計額(相続税の計算に入れる金額)
1億8,250万円(建物の評価)+5,839.2万円(土地の評価)=2億4,089.2万円(時価20億円のマンションの評価)

財産20億円の場合と2.4億円の場合の相続税額についてはこちらから

関連リンク
相続税・財産評価額[All About 相続]
賢い相続税対策のノウハウ[All About 相続]
相続税を計算する[All About 相続]
相続・相続税Q&A、無料相談[All About 相続]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。