贈与になるタイミング

打合せ
贈与になるタイミングは?
それでは、いつ贈与になるのか? そのタイミングは、実際にお金が渡ったときです。例えば、祖父が10年間、毎年50万円積んできた500万円の預金通帳を孫の結婚を機に孫に渡した場合には、その渡したときに500万円の贈与があったことになります。なお、この場合には、年間の基礎控除(110万円)を超えていますから、当然、贈与税がかかります。

相続財産へ

子や孫名義の預金をしているときに親が亡くなることもあります。税務署が調べてみると、預金の名義は孫になっているが、通帳は親の家で見つかり、しかも手続きに来た人は親であったことが分かると、その預金は、孫の名義にはなっているが、実態は親の財産ということにされます。これは相続税の対象になるわけです。

相続税の節税か教育的配慮か迷うところです。

関連リンク
贈与税、相続時精算課税とは?[All About 相続]
賢い相続税対策ノウハウ[All About 相続]
相続・相続税Q&A、無料相談[All About 相続]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。