贈与になるか?

打合せ
贈与になるならないの基準は?
子や孫に高額な贈与をすると、そのお金を頼りにし、金使いが荒くなるかもしれないという心配があります。そこで、教育的配慮から子や孫の口座を作り、お金を入れるが、その通帳は渡さないということをよく聞きます。

例えば、子や孫名義の預金通帳を作って、毎年100万円ずつ入金していきます。これを孫や子供には知らせない、又は知らせるにしても「お前が将来困らないようにお金を積んであるからね」という程度のことを言っていた場合に、これは贈与になるでしょうか?

贈与の基準とは

これは贈与にはなりません。贈与と認められるためには、「あげた」「もらった」という関係があって、さらにもらった人がその財産を使える状態が必要です。預金の名義は子や孫ですが、通帳や印鑑、キャッシュカードは親の手元にあります。これでは子や孫が使える状態にはありません。従って、贈与にはなりません。