打合せ
相続税はどうなる?
5.そしてこれまでに清算・分与がされてもなお残余財産があるときは、その残余財産の中に、被相続人と持分での共有財産があれば、その共有財産は共有者のものとなります。それでも残った財産が国庫に帰属することになります。

相続税はどうなる?

相続人がいない場合の相続税のルールは下記の通りです。
・法定相続人がいないため、基礎控除は5000万円のみとなります
・取得財産は「相続財産法人」からの「遺贈取得」という扱いになり、分与された人が相続税の申告をします
・取得時期は分与が確定した時となり、そこから10ヶ月が相続税の申告期限となります
・小規模宅地等の特例の適用はあります
・取得者は配偶者や一親等の血族以外であるため、相続税が2割加算になります

特別縁故者として財産を取得するには、複雑な手続を経なければいけません。生前に遺言又は養子縁組の対策が必要になります。


【関連記事】

遺産分割が法定相続分通りにいかない理由
相続人に認知症の人がいる場合の遺産分割

【関連リンク】
相続・相続税最新情報[All About 相続]
相続人・法定相続分とは?[All About 相続]
相続・相続税Q&A、無料相談[All About 相続]

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。