大学の提携教育ローン

大学が民間の金融機関と提携して教育ローンを用意していることもあり、「提携教育ローン」などと言われています。大学によっては、金融機関から直接、教育ローンを借りるときよりも、やや有利な金利で借りられる場合があります。

通常、教育ローンの借入者は保護者ですが、大学によっては学生自身が借入者となって借りることが可能な教育ローン(「奨学ローン」などと呼ばれています)もあります。

大学の提携教育ローンの中には、利子相当額分を補助してくれる大学もあります。

教育ローンを利用するならココに注意

教育ローンは通常、親の借入れとなり、親に返済義務が生じます。そのため、借入額は老後資金に影響が出ない範囲に留めることが大事です。

退職金は本来、老後資金として残すべき資金ですので、「教育ローンを退職金で返済する」という発想は持つべきではありません。

どうしても利用する際には、定年までに完済できる金額にするなど、教育ローンの利用はできるだけ最小限にとどめましょう。

【関連記事】
必読!奨学金と教育ローンの基礎知識
「国の教育ローン」を知ろう
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。