頭金が物件価格の2割未満では本当に買えない?!

イメージ画像
欲しい物件が見つかったのに、自己資金が足りない、頭金が2割以下しかない。どうしよう!
自己資金が600万円ある場合、自己資金は物件価格の3割というセオリーで考えれば、購入できる物件は2,000万円となります。一人暮らしのためのワンルームマンションであれば、この予算で購入できる物件を探せるかもしれません。

しかし、家族3~4人であれば3DKの間取りは欲しいところです。そうすると、価格が2,000万円以内という条件で物件を探すと、利便性が悪くなったり、予定していた学校区から外れたりするので、なかなかみつけられないのが実情です。

自己資金が物件価格の3割になるまで貯蓄することがベスト

一番確実で安全性が高いのは、セオリーどおり自己資金として物件価格の3割貯めることです。欲しい物件が3,500万円であれば、必要な自己資金は3,500万円×3割=1,050万円となります。

現在の自己資金が600万円であれば、毎年75万円貯めるとすると、6年後に1,050万円になるので、このときに予算内で欲しい物件を探して購入するという計画を立てて実行することです。

自己資金が物件価格の3割未満でよい物件に出会ったら?

自己資金を物件価格の3割貯めてから物件を探すほうが安全性の高い計画になります。しかし、実際は自己資金が3割に満たないときに、どうしても欲しい物件に出会うことはよくあります。

たしかに、不動産はいつでもまったく同じ場所で同じ仕様の物件が販売されているわけではないので、利便性や子供の教育環境などを考えると自己資金が3割未満でも購入の検討するのはある意味当たり前だと思います。

ただし、その場合は次の対処方法や注意点をよく考えて購入の意思決定をすることが重要です。具体的な対処方法は次のページで解説します。