Windowsの使い方/Windowsの原因不明のトラブル

トラブル発生! セーフモードで原因を調査

Windows XPやWindows Vistaが正常に起動しない場合は、セーフモードで原因を調査しましょう。わかりやすくセーフモードの使い方を解説します。

執筆者:酒井 雄二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【システム管理】

セーフモードはWindowsが正常に起動しない場合、原因を調査するために最小限の機能でWindowsを起動させるときに使用します。

簡単な問題でしたら、いったんセーフモードにして再起動するだけで解決する場合があります。

以下の解説はWindows XPでの操作です。Windows Vistaの方は、こちらを参照してください。

まず、パソコンの電源を入れます。BIOS(バイオス)のビープ音が鳴ったら、[F8]キー(ファンクションキーの8番)を押します。パソコンの機種によりビープ音が鳴らない場合は、[F8]キーを何回か押してみてください。

しばらくすると、[Windows 拡張オプション メニュー]が表示されますので、上矢印キーあるいは下矢印キーを使って[セーフ モード]を選択し、[Enter]キーを押します。

[Enter]キーを押すと、Windows がセーフモードで起動します。セーフモードは、基本的なシステムファイルとマウス、モニタ、キーボードなどのデバイスドライバのみを使って起動します。

ネットワーク接続機能を追加したい場合は、[セーフモードとネットワーク]メニューを選択します。

セーフモードで起動しているときはデスクトップの四隅に「セーフモード」と表示されます。


デバイスドライバをインストールした直後に起動しなくなった場合は、デバイスマネージャを表示し、正常に機能しているかを確認してください。


【手順のまとめ】

1)パソコンの電源を入れる。

2)BIOS(バイオス)のビープ音が鳴ったら[F8]キーを押す。

3)[Windows拡張オプションメニュー]が表示される。

4)矢印キーで[キーで[セーフモード]を選択する。

5)[Enter]キーを押す。

【関連リンク】

周辺機器の動作を確認する

酒井警部補 事件ファイル1 怪談 ボタンが化けた

Administratorでログオンする(XP Pro)

システムのプロパティを簡単に開く

CPUとメモリの使用状況をグラフで確認する

パスワードリセットディスクを作成する
 

Windows Vistaの方は次ページ>>

更新日:2007年06月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する