Windowsの使い方/Windowsのファイル・フォルダ

すでにある同名ファイルを上書きしない

複数のファイルを別フォルダにコピーする場合、コピー先にすでにある同名ファイルを上書きしないようにします。

執筆者:酒井 雄二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ファイル/フォルダ】

データやドキュメントなど複数のファイルを別フォルダにコピー(移動)する場合、コピー先に同名のファイルがあると、[ファイルの上書きの確認]ダイアログボックスが表示されます。

通常はすべてのファイルが上書きされますが、コピー先に存在しないファイルだけをコピーすることもできます。

以下の解説はWindows XPでの操作です。Windows Vistaの方は、こちらを参照してください。

ファイルをコピーするにはいろいろな方法がありますが、ここでは一番簡単で確実な方法を解説します。

まず、コピー元のフォルダをデスクトップの左側に開きます。次にコピー先のフォルダをデスクトップの右側に開きます。

次に、コピーしたいファイルを指定します。ファイルを連続して指定したいときは、最初のファイルをクリックしてから最後のファイルを[Shift]キーを押しながらクリックします。

ファイルをとびとびに指定したいときは、[Ctrl]キーを押しながらクリックします。また、マウスをドラッグして選択することもできます。

すべてのファイルを指定したいときは、[Ctrl]キーを押しながら[A]を押すか、[表示]メニュー→[すべて選択]をクリックします。

一番簡単で確実なコピーの方法は次ページ>>

更新日:2007年04月19日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する