Windowsの使い方/Windowsの使い方関連情報

タスクを非表示にしてウィンドウを広く使う

フォルダウィンドウの左側に表示されるタスク欄。ノートパソコンなど画面が狭い場合は、邪魔になることもあります。非表示にしてウィンドウを広く使いましょう。

執筆者:酒井 雄二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ウィンドウ】  <Windows便利ワザ大辞典INDEXに戻る>

フォルダウィンドウの左側に表示されるタスク欄。Windows XPでは、さらに進化 して使いやすくなりました。

しかしノートパソコンなど画面が狭い場合は、邪魔になることもあります。以下の設定をすると、タスク欄を非表示にできます。

まず、[スタート]ボタンをクリックします。[スタート]メニューが開いたら、[マイコンピュータ]を右クリックし、ショートカットメニューが表示されたら[プロパティ]をクリックします。

[プロパティ]をクリックすると、次の[システムのプロパティ]ダイアログボックスが表示されますので、[詳細設定]タブをクリックします。

続いて、パフォーマンスセクションにある[設定]ボタンをクリックします。

次ページで設定した効果を確認してください

更新日:2006年09月05日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する