Windowsの使い方/Windowsの使い方関連情報

残したくない過去。消します 2

やましいことが無くても、「自分の痕跡」を他人に知られるのは、決して気持ちのいいものではありません。今回は、だいじなプライバシーを守るため、オートコンプリート履歴の消去と解除方法を解説します。

執筆者:酒井 雄二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[パスワードのクリア]ボタンをクリックすると、過去に入力したユーザー名とパスワードの履歴が消去されます。

なお、同じセクションにある[フォームのクリア]ボタンをクリックすると、Webフォームページで以前入力したメールアドレスや氏名などの履歴が消去されます。

 ◆ オートコンプリート機能を解除する  <Indexに戻る>

[オートコンプリートの設定]ダイアログボックスの[オートコンプリートの使用目的]セクションで、機能自体を解除できます。

[オートコンプリートの設定]ダイアログボックスの表示方法については、前項を参照してください。

[Webアドレス]ボックスのチェックを解除すると、アドレス バーのオートコンプリート機能を解除できます。なお、Webアドレス履歴の消去については、残したくない過去。消します! を参照してください。

[フォーム]ボックスのチェックを解除すると、入力候補の一覧が自動的に表示されるのを解除できます。

[フォームのユーザー名およびパスワード]ボックスのチェックを解除すると、ユーザー名の入力候補の表示とパスワードが自動的に入力されるのを解除できます。

更新日:2003年12月28日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する