Windowsの使い方/キーボード・マウス・日本語入力

外字エディタで外字を作ろう

年賀状の宛名書き印刷で困るのがWindowsに登録されていない漢字。「なんで印刷できないの?」と言いながら手で書くことになりますが、外字エディターで似た文字を組み合わせれば外字は簡単に作成できます。

執筆者:酒井 雄二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ◆ 偏(へん)を参照する <Indexに戻る>

ここでは例として、(へん)がで、旁(つくり)が?という外字(橋の異字体)を作成します。

まず、[ウィンドウ]メニュー→[参照]をクリックします。すると、以下の[参照]ダイアログボックスが表示されますので、[フォント名]ボタンをクリックしてフォントを指定してから、[形]ボックスに基本となる「橋」という文字を入力します。

[OK]ボタンをクリックすると、参照ウィンドウに元になる文字が表示されます。ここで、[四角形選択]ツールで「木」を選択し、[編集]ウィンドウまでドラッグします。

 ◆ [消しゴム]ツールで修正する <Indexに戻る>

[編集]ウィンドウには、不必要な部分もコピーされてしまいましたので、[消しゴム]ツールで、よけいな部分を消します。

更新日:2003年11月29日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    67

    この記事を共有する