一人暮らし/一人暮らしの始め方

一人暮らしの冷蔵庫の選び方

初めての一人暮らしに必要となる家具や家電。買ってしまってから「失敗した!」となってしまっては、お金も手間もモッタイナイ。そこで今回は、一人暮らしのための冷蔵庫の選び方を紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家電
一度買ってしまった家電を買い換えるというのは大変だし、面倒。失敗しない冷蔵庫選びについて紹介します。
初めての一人暮らしをするときに必要となってくる家具や家電。買ってしまってから「失敗した!」となってしまうのは、お金も手間もモッタイナイ。長く使い勝手の良いものを選びたいですよね。

そこで今回は、生活必需品の中でも一、二を争う大物となる冷蔵庫。購入の際に、一人暮らしだからこそ気をつけておきたいチェックポイントをご紹介します。

ちなみに、私は一人暮らしを始めるときに買った冷蔵庫ではどうしても物足りず、まだ使えるものではあったのですが、買い換えてしまいました…。こんなムダをしないよう、自分の生活スタイルや部屋の間取りなどをよく考えて、上手な買い物をしてくださいね。

※ 値段の記載がありますが、あくまで目安です。機能やメーカーによって異なりますので、ご自身でよくご確認の上、お買い求めください。

=INDEX=
■ あなたの食生活からチェック!
- 容量
- 冷凍室
- 絶対に「一切自炊はしない!」という人には…
■ 部屋の広さや間取りからチェック!
- 電源
- 設置する場所の広さ・高さ
- ドアの開き方の向き
■ その他に気になるポイントをチェック!
- 消費電力
- 色と形


あなたの食生活からチェック!

自炊
どんな冷蔵庫を買ったらいいのかは、自炊をするかどうかがポイント。
冷蔵庫を選ぶときにまず考えたいのは、自炊をするのか、しないのか。これが一番どんな冷蔵庫が使い勝手がいいのかを左右します。就職・進学を機に一人暮らしをする人は、今後自分がどういった生活になるかわからず、自炊ができるか想像しにくいかもしれませんが、できるだけ具体的に思い浮かべてから買うと、失敗が少ないですよ。

● 容量

電器屋さんに並ぶ冷蔵庫の大きさは様々。「どれくらいの大きさの冷蔵庫を買ったらいいの?」と思ったときに、まずチェックしたいのが容量です。一般的に、一人暮らしに必要な冷蔵庫の容量は80~200リットル程度と言われていますが、80Lと200Lでは大きさも値段もかなり違うもの。では、どうやって選んだらいいのでしょうか。

・ 自炊をしない人には…
「自炊はしない。冷蔵庫に入れるのは飲み物くらいかな」という人は、80L程度の冷蔵庫で間に合うと思います。イメージとしては、ホテルに設置されているような小型のもの。値段も手頃(2万円前後~)で、スペースも少なくて済みます。ただし、これを買ってしまってから自炊をしようとしても、かなり不便だと思いますので、ご注意を。

冷凍食品
自炊はしなくても、「冷凍食品をよく食べる。買い置きしておきたい」という人も、あまり小さいものだと不便です。
・ たまに自炊をする人には…
「平日は無理だけれど、週末くらいは料理をするかな」という人は、120L以上の冷蔵庫があると便利です。たまにであっても料理をするとなれば、ある程度は冷蔵庫で保存が必要な食材や調味料などが常にあるはずです。また、あまりぎゅうぎゅうに詰め込んでしまっては、冷えも悪くなり、電気代も無駄になります。スペースが許せば、「少し大きいかな」と思うくらいのものをおすすめします。値段は3万前後~。

・ 毎日自炊をする人には…
「毎日必ず自炊をする」という人は、200L以上あった方が安心です。特に食材のまとめ買いをしたいと考えているなら、一人暮らしでも250L程度あっても決して無駄にはならないと思います。ただし、このあたりから値段(4万円前後~)も、置くためのスペースも上がりますので、お財布や部屋の広さとも相談を。

・ 「料理が大好き!」という人には…
「料理が大好き。自分の生活に料理は絶対に欠かせない」という人は、300L以上の一般家庭用の冷蔵庫もチェックしてみてはいかがでしょうか。料理を趣味として楽しもうとすると、「一人暮らし用の冷蔵庫は小さすぎる!」という声をよく聞きます。ちなみに、私が使っているのは420Lのものですが、料理が大好きなので、ちょうど良いと感じています。ただし、置くスペースがあるかどうかは要確認。値段は6万円~。


次のページでは、一人暮らしだからこそ見逃せない冷凍室をチェック。「一切自炊はしない!」という人へのアドバイスも。>>次のページへ

更新日:2006年12月26日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する