一人暮らし

一人暮らしの生活にはどんなものがあると便利? 経験者にアンケートで聞きました

 初めての一人暮らしには、家具・家電・キッチン用具・生活雑貨など、様々なモノが必要になります。一人暮らしの生活には、どんなものがあると便利なのでしょうか。また、家族と一緒の生活には当たり前でも、一人暮らしには要らないというものはないのでしょうか。

そこで、一人暮らし経験者に「こんなものがあると便利!」「これは要らなかったなぁ…」という『生活必需品』についてアンケートを実施。集計結果から『買ってよかったもの』『買って失敗したもの』を選出してみました。これから新生活に生活必需品を揃えようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

買ってよかったものBEST3

■オーブン・トースター機能付き電子レンジ(オーブンレンジ)
「時間&お金の節約になる」(Hさん・男性)
「ケーキを焼くので、オーブン機能は必須」(Rさん・女性)
「保存してたのを温めたり、お弁当づくりにはかかせないです」(MI1さん・女性)
「トースター機能が付いているからオーブントースターを買わなくてすんだし、グリル機能も付いているので魚も焼ける」(MA1さん・女性)

一人暮らしには必須の電子レンジですが、オーブン・トースター付きのものが便利。温めるだけの単機能のものは『買って失敗したもの』に挙げる人が多くいました。保存していた料理や冷凍食品、レトルトなどを温める以外にも、パンやピザをトーストしたり、料理に軽く焦げ目をつけたり、普段は自炊をしないと考えている人にもオーブン・トースター機能の使用頻度は高いと考えられます。ただし、値段は単機能のものより少し高めです。(参考記事『一人暮らし用の電子レンジの選び方』)

■一人用土鍋
「鍋はもちろん、湯豆腐、インスタントラーメン作り兼どんぶり、雑炊、鍋焼きうどん…応用範囲が広い。100円ショップで買ったものですが、かなり働き者です」(MA2さん・女性)
「ご飯を炊くにも、煮込みうどんにも、簡単なお鍋にも使えます。なので、炊飯器は要りません」(Kさん・女性)

100円ショップなどで売っている小さな土鍋、その用途は値段に似合わず豊富です。土鍋は水に濡れたまま火にかけたり、空だきをしてしまうと、すぐにひびが入ってしまいます。最初に使うときにお粥を炊いておくと、割れにくくなります。

■グリル鍋
「一人暮らしのキッチンはコンロが1口ということがよくありますよね。そういうときに、電気鍋でもう一品作れたりできますので便利ですよ」(SIさん・女性)
「これがあるだけで、不思議にも自分の部屋が宴会場になります。友達を作りたい人にはおすすめですね」(Fさん・男性)

友達を呼んで、楽しい鍋や焼き肉、おでん。ホットプレートと鍋を両方用意しなくても、ひとつでどちらもできてしまうグリル鍋は大変便利です。収納スペースも少なくてすみます。また、電気を使うと、全体の温度を一定に保つことができるので、じっくり煮込みたい料理でもこげつくことなく、中までしっかりと味をしみこませることができます。

 

買ってよかったもの その他の意見

■圧力鍋
「ご飯しか炊けない炊飯器に鍋1個分のスペースを使うのは、一人暮らしの狭い部屋にはもったいない。おいしいご飯が炊けるし、蒸しものもできるし重宝しています」(Rさん・女性)
「ご飯も炊けるし、野菜たくさんのスープもあっという間にできて大活躍しています」(Eさん・女性)

自炊派、料理好きの人にはオススメの調理器具。料理のレパートリーが広がります。豚の角煮、ポトフ、ロールキャベツなど、煮込むのに時間がかかってしまう料理も、圧力鍋なら短縮。ひとり分でもお米を美味しく炊けるので、炊飯器代わりに使用している人もいるようです。

■直径20cm程度のフライパン
「100円ショップで購入したものですが、ひとり分の焼きものとか炒めものには充分です」(MEさん・女性)

■キッチンタイマー
「料理やお風呂のお湯はりにも使える」(MA3さん・女性)

■丼鉢
「食器以外にボールとしても使えるので、かなり大きいものがひとつあるといい」(MA3さん・女性)

■カラーボックス
「これから引っ越す人は、大きな家具を買う前にとりあえずカラーボックスにものを入れておくというのも手ですよね」(MOさん・女性)

収納には欠かせないカラーボックス。キャスターや取っ手がついていたり、引き出しがあったり、様々な用途やサイズのものがありますので、自分の部屋の収納に合わせて購入しましょう。

買って失敗したものBEST3

■単機能電子レンジ
・「オーブン機能もついていれば、お菓子も作れるし、料理の幅が広がったのにな、と思う」(SUさん・女性)

『買ってよかったもの』でも紹介しましたが、温めるだけの単機能電子レンジの場合、日頃から料理をする人にはもの足りないことがあります。一人暮らしの部屋に電子レンジとは別にオーブンを用意するのは難しいので、料理をすることを考えているなら、オーブン・トースター機能付きの電子レンジをおすすめ。ただし、自炊はせず、お弁当やお惣菜を温めるだけに使う程度なら、単機能電子レンジで充分なこともあります。

■電気ポット
「絶対要らない。鍋ですぐ沸く」(MA3さん・女性)
「ひとり分ならガスで沸かした方が早いし、得」(MA4さん・女性)

一日中部屋にいるわけではないなら、保温をし続けるための電気ポットは必要ありません。ずっと電源を入れっぱなしでは電気代の無駄遣い。また、水の入れ替えを忘れるなど、不衛生にもなりかねません。やかんや鍋を使ってコンロで沸かすか、保温機能はないが少量で沸かせる電気ケトルがおすすめ。

■一人暮らし用の小さい冷蔵庫
「一人暮らしだからそんなに使わないだろうと小さいタイプにしたんですが、思った以上に苦労しています。買いものだけでいっぱいいっぱいになるし、冷凍庫は狭いし、野菜室は小さいし」(MI2さん・女性)

一人暮らしの冷蔵庫の大きさは、一般的に80~200L程度。選び方はそれぞれの生活スタイルによって異なりますが、自炊を考えている場合は100L以上のもので、冷凍庫が広めのものをおすすめします。ひとり分なら食材も少なくてすむと考えがちですが、実際に買いものをすると、ひとり分用の少量パックがなかったり、また非常に割高ということもあります。そのため、一度に食べきれない食材を買ってきた場合でも、しっかり保存できるサイズが必要です。

また、100L以下の小型の冷蔵庫には、直冷式とファン式というふたつの種類があります。直冷式はコンパクトでリーズナブルなものが多いですが、冷凍庫内に霜がつくことがあり、霜取り作業が必要になる場合があります。お手入れの負担なども考えて選ぶことをおすすめします。(参考記事『一人暮らし用の冷蔵庫の選び方』)

買って失敗したもの その他の意見

■客用コップ・グラス
「お客さん用のコーヒーカップは、あってもそれほど使わない」(Eさん・女性)
「お客さんが来ても、結局普段使っているカップで出してしまう。そんなに気取ったお客さんも来ないのに、置く場所ばかりとって困る」(MA4さん・女性)

■三角コーナー

「狭いのに邪魔だし、これだけでは全部の生ゴミを取ることはできず、排水溝に溜まってしまう。必要あればゴミ袋に直接入れて、基本的に最初から排水溝にためてしまい、それを頻繁に洗う方が清潔を保てる」(MA3さん・女性)

どちらにも挙げられたもの

■コーヒーメーカー
(よかった)「インスタントか、1杯ずつ入れるドリップを使っていたけれど、コーヒー好き1度に2杯分飲んでしまうので、コーヒーメーカーのがお手軽&美味しい」(Aさん・女性)
(失敗した)「ひとりでコーヒー飲むのに、いちいちメーカーでやってられない」(SIさん・女性)

■中華鍋
(よかった)「炒めものだけでなく、揚げものをするときも使える」(MA4さん・女性)
(失敗した)「ひとり分の料理なら、量的に普通のフライパンで充分だと思います」(MI2さん・女性)

■トースター
(よかった)「オーブンレンジにもトースター機能はついているけれど、時間がかかりすぎるし、庫内が熱くなって、すぐに他の用途に使えない。トースターだと、パンは1分半。電子レンジと同時に使える」(MA3さん・女性)
(失敗した)「見た目にも黄色で可愛く、パンダさんの焼き色がつくトースターを買ったけれど、電子レンジで焼くから使わない」(Aさん・女性)

==================

何を買ったり揃えたりするのが最適なのかは、部屋の大きさやライフスタイル、趣味などによるところがあるので、決して一概には言えません。

「外食が中心」「仕事が忙しい」「友達をよく家に呼ぶ」「料理が大好き」など…、アンケートのコメントを参考にしながら、自分がどのような生活をするのか、したいのかをよく考えて、モノ選びをしてみましょう。また、最初から全部揃えようとするのではなく、必要に応じて順次揃えていく方が無駄なものを増やさずにすみますよ。上手に買いものをして、自分らしい一人暮らしの部屋を作っていってくださいね!