一人暮らし/一人暮らしの始め方

部屋に求める条件を考えよう

新生活のための部屋探しが最も盛んなシーズン。不動産会社へ足を運ぶ前に、まずは自分の希望する部屋の条件を考えましょう。どんな条件があるのか、チェックすべきポイントなどをまとめました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴミ
部屋探しの第一歩は条件を考えることから。自分の希望に合った部屋を見つけやすくなります。
ひとり暮らしの部屋探しのコツ シリーズvol.1。まずは部屋探しの第一段階に大切な条件について紹介します。

初めてのひとり暮らし。早速、自分だけの城となる部屋探しから始めたいところですが、その前に…、まずは自分の希望する部屋の条件を考えておくことが大切です。

実は、私、初めての部屋探しでは「行ってしまえば何とかなる!」と何も考えず、いきなり不動産会社に足を運んでしまい、そこで「条件とは何か」といったことを一から教わることとなってしまいました。結果的にはいい部屋が見つけられたものの時間や手間などを考えると、やはり自分なりの条件をまとめてから行くべきだったと反省。

そこで、これから部屋探しをする人が私の二の舞にならないよう、部屋探しにおいて考慮すべき条件やチェックすべきポイントなどをまとめました。自分の希望にかなう部屋を見つけるためにも、まずはここで確認してください。

また、間取図の見方や契約までの流れなど、その他の部屋探しについては、シリーズ「一人暮らしの部屋探しのコツ」よりご覧ください。

=INDEX=
 ■ これだけは考えておこう。4つの条件
   - 家賃
   - 立地
   - 間取り・広さ
   - 入居時期
 ■ こだわり条件。あなたが譲れないものは?
   - その1 建物の種別 ・築年数・階数・フローリング・セキュリティ・日当たり・ガスコンロ
   - その2 周辺の店・環境・駐車場・ペット可・楽器可・付属設備


これだけは考えておこう。4つの条件

駅
駅に近い部屋は便利ですが、家賃はちょっと高め。自分の生活スタイルなどと照らし合わせながら、条件を考えましょう。
自分の生活やこだわりに関係なく、部屋を探すときには最低限決めておきたい目安となるのが、この4つの条件です。要チェック!

● 家賃
家賃は、管理費や共益費などを含めて収入の三分の一が目安となります。例えば、月収が20万円の人ならば6~7万円程度とするのが妥当です。

立地のよさや設備の充実、日当たりなど、よりよい条件を求めれば、当然家賃も高くなります。目安となる家賃内に抑えられるように、その他の条件に優先順位をつけていく必要があります。

● 立地
どの沿線・駅に住むのか、駅からの距離はどのくらいなのかによって、家賃に違いが出てきます。乗り換え路線の多い線や駅、急行の止まる駅は高く、また駅から徒歩15分以上かかる、バスを利用するといった場合は安くなります。

沿線・駅の相場は、情報誌やインターネットでも調べることができます。下調べをしてから、不動産会社へ行くことをおすすめします。(参考INDEX:
物件検索サイト

● 間取り・広さ
ひとり暮らしの部屋としてポピュラーなのは、ワンルーム・1K・1DKといった間取り。占有面積は18~20m2程度というのが一般的です。ワンルームは廊下か室内にキッチンが、1K・1DKは部屋とは別にキッチンがあり、それが6畳以上の場合は1DKと呼ばれています。部屋が広ければ広いほど、当然家賃も高くなります。

また、ユニットバスではなく、バス・トイレ別の部屋も家賃が高くなる要因のひとつです。

他に、物が多い人は、クローゼット・押入などの収納スペースの広さも重視しましょう。洗濯機を置くスペースがどこにあるかも、間取りに関して考えておきたいポイントです。特に女性の場合、玄関先など誰もが入ってこられる場所は防犯的に不安なので、できれば室内かベランダが望ましいでしょう。

● 入居時期
いつから入居したいかをはっきりさせておいた方が、不動産会社も部屋を探しやすくなります。「気に入った部屋が見つかったときに」と曖昧な条件では後回しにされてしまうことも。

春から新生活が始まる人は、遅くても入学式や初出勤の2~3日前、できれば1週間前には入居できるようにしておきたいものです。住み替えをする人も、現在の部屋を出る1週間程度前に入居できることを条件に挙げておくと安心です。


次のページでは、その他こだわりの条件について紹介します。建物の種別や築年数、日当たりなどはぜひ考えておきたポイント!>>次のページへ

更新日:2003年02月18日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する