毎日の野菜・フルーツレシピ/野菜の下ごしらえ・保存法

こごみの選び方・保存方法・食べ方

芽の先がくるりと巻いている、比較的アクの少ないこごみ。軽くゆでたこごみは、サクサクとした食感を持ち、爽やかな後味がある、爽快感あふれる山菜です。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こごみってどんな野菜

こごみ
葉の先がくるんと巻いている「こごみ」
こごみは芽の先がくるりと巻いている、比較的アクの少ない山菜です。ぜんまいとよく似た形をしていますが、綿毛はなく、濃い緑色の軸と葉を持っています。軽くゆでたこごみは、サクサクとした食感を持ち、爽やかな後味がある、爽快感あふれる山菜です。

こごみの旬っていつ?

こごみは北海道から九州の林の中に群生しています。主な産地は新潟、山形、群馬、福島、宮城、秋田です。

4~5月にかけて摘み取られています。生長が早いので、旬を逃さないようにしましょう。

こごみの選び方・保存方法

よいこごみの選び方
アクが少ないので、保存がきく山菜のひとつです
  • 先端10cm~30cmがくるりと巻いているものを選びます
  • 保存するときは穴のあけたポリ袋に入れるか、新聞紙にくるんで冷暗所に。乾燥に弱いので、気をつけましょう
  • 3~7日もちますが、気温が高いと腐りやすいので、なるべく早くに食べましょう



こごみの食べ方

山菜の中では、特にアクの少ないものなので、鮮度のよいものなら生でも食べられます。くせのない味わいと、コリコリとした歯ごたえを楽しむ山菜で、ほんのりとしたぬめりがあります。さっとゆでて、サラダやおひたしにしたり、ごま和え・くるみ和えにしてもよいです。その他、天ぷらや汁の実にもぴったりです。

こごみの下ごしらえ・洗い方について

こごみの下ごしらえ
葉の巻いている部分は特に汚れがたまりやすいです
さっと水洗いしたら、くるりと巻いている部分の汚れをしっかり落とします。沸騰したお湯で1分ゆでたら、氷水に入れて色止めをすると、きれいに仕上がります。

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年09月15日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    25

    この記事を共有する