エアコン/エアコン関連情報

自腹で体験!エアコン取り付けの基礎知識

量販店でエアコンを購入し、取り付け設置する場合の一部始終をレポート! 話題の「真空引きのエアパージ」についてもバッチリ報告しています。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Nationalルームエアコン
今回取り付けた機種
National・ルームエアコン
ガイド宅にて、新しいエアコンを1台設置しました! 今までは、仕事柄お付合いのある設備業者に取り付けてもらっていたのですが、今回は量販店で購入し、工事を依頼してみました。そこで、その施工の様子について実況リポートをしてみたいと思います。

購入前から「取材をするので」と特別なオファーはせず、当日来てくれた職人さんに「良いですか?」と許可をとってのリポートです。巷で騒がれている「エアパージ」についても、職人さんにヒヤリングしてみました!エアコン設置を依頼した方、これから依頼する方、参考になさって下さい。

<INDEX>  

まずは気遣い!エアコン工事に扇風機は必需品

Electrolux・サーキュレーター
参考商品
Electrolux・クラシックサーキュレーター
エアコン工事は、室内と室外での作業があります。まず最初は、各パーツを確認しながらエアコン室内機の梱包をとき、エアコンの施工ができる状態にするまで、いろいろと準備が必要です。

当たり前のことですが、エアコンの取り付けをする部屋は、エアコンが使えない状況となります。そして、エアコンの取り付けは6月・7月がピークと言われています。ということは...部屋が暑いんです。そこで、必要になるのが“扇風機”です。

ガイドも職人さんに「すみません、この扇風機回しても良いですか?」と聞かれて、作業をしている職人さんが汗だくなのに気がつきました。ごめんなさい!暑い中での作業は大変ですし、これでは効率も落ちます。ということで、エアコン取り付けの際は、必ず“扇風機”を用意してあげましょう。


エアコン本体の裏から工事の概要を知る

いよいよ本題、まずは室内機から。めったに見ることの無い裏側を拝見。室内機本体の裏側には、冷媒管2本(太・細)・電源2本(コンセント差込み用・室外機用3芯電源)・ドレンホース(水拭き)が納まっています。これらを、それぞれ所定の位置へ取り付けるのが、エアコンの施工工事となります。工事の概略は以下となります。

エアコン・室内機裏
エアコン室内機の裏
■電源
(1)室内コンセント差込みへ
(2)室外機とつなぐ

■冷媒管(太・細の2本)
(3)室外機とつなぐ

■ドレンホース
(4)室外へ出す

エアコン工事は、室内機と室外機をつなぐことがメインとなります。この2つをつなぐための「電源・冷媒管」と、排水のための「ドレンホース」の3つをまとめて、ひとつの穴から室外へ出すのが、一般的な接続方法になります。

では、次ページから具体的な工事を見ていきましょう。

更新日:2005年07月19日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    88

    この記事を共有する