Windowsの使い方/起動・終了・フリーズのトラブル

Windows XPの再インストール

Windows さまざまなトラブルを解決する再インストール。今回は、Windows XPの再インストールの手順と注意点を解説します。

執筆者:酒井 雄二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
同じパソコンを長年使い続けていると、処理速度が遅くなったり、システムが不安定になったりすることがあります。また、システムファイルが壊れてWindowsが起動しないなどのトラブルに遭遇することもあります。

そんな時は、システムツールの[ディスクデフラグ]や[システムの復元]を最初に試してください。それでも問題が解決しない場合は、最後の手段としてWindowsの再インストールを考慮してください。

Windows XPを再インストールする方法には、修復インストールとクリーンインストールがあります。修復インストールは、同一のWindows XPを同じ領域に上書きする方法です。クリーンインストールは、ディスクを初期化してから新規にWindows XPをインストールする方法です。今回は、Windows XPの再インストールの手順と注意点を解説します。

再インストールする前に 

再インストールで大切なデータを失わないように、データのバックアップは必ず行ってください。できれば専用ソフトを使って、システムドライブ全体のイメージをバックアップします。

さらに、マイドキュメント、お気に入り、メールボックス、アカウント情報、アドレス帳、ユーザー辞書ファイル、アプリケーションの設定ファイル、オンラインソフトなどを個別にバックアップしておくと、再インストール後のシステム再構築がスムースに行えます。

バックアップソフトの選び方は「バックアップソフトの選びかた」をご覧ください。

修復インストール

システムファイルが壊れて障害が発生したときに、上書きしてインストールを行うことをWindows XPでは修復インストールといいます。修復インストールを行うと、Windows XPの設定が初期化されますので、インストール済みのアプリケーションも再インストールする必要があります。

保存済みのデータは削除されませんが、修復インストール中の事故に備えて、データは必ずバックアップしておいてください。

修復インストールには、1. Windows XP から実行、2. Windows XPのCD-ROMから実行、3. 起動ディスクとWindows XPのCD-ROMから実行の方法があります。

  1. Windows XP から実行する方法
    Windows XPが起動できる場合は、この方法で修復インストールを実行します。
  2. Windows XPのCD-ROMから実行する方法
    Windows XPが起動できなくてWindows XPのCD-ROMからブート(起動)できる場合は、この方法で修復インストールを実行します。
  3. 起動ディスクと Windows XPのCD-ROMから実行する方法
    Windows XPが起動できなくてWindows XPのCD-ROMからもブート(起動)できない場合は、この方法で修復インストールを実行します。
     
ここでは、Windows XP から実行する方法を解説します。まずWindows XPを起動して、CDドライブに Windows XPのCD-ROM を挿入します。 しばらくすると、[実行する操作の選択] メニューが表示されますので、[Windows XP をインストールする] をクリックします。

[Windowsセットアップ]画面が表示されたら、[アップグレード] をクリックし、[次へ]ボタンをクリックします。

 

 

[ライセンス契約]画面が表示されたら、、[同意します] をクリックし、[次へ]ボタンをクリックします。続いて、[プロダクトキー]画面が表示されたら、CD-ROMに付属のプロダクトキーを入力し、[次へ]ボタンをクリックします。

[セットアップオプション]画面で任意のオプションをクリックし、[次へ]ボタンをクリックします。続いて、[はい、更新されたセットアップ ファイルをダウンロードします] を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

 

 

以上の操作をすると、Windows XPの修復インストールが始まりますので、画面の指示に従って修復インストールを完了します。

クリーンインストール

ハードディスクをフォーマットしてから、Windows XPをインストールすることをクリーンインストールといいます。パソコンの問題を根本から解決したい方にお勧めのインストール方法です。

ただし、クリーンインストールを実行すると、データが完全に消去されますので、事前にデータを必ずバックアップしておいてください。

まず、パソコンの電源を入れ、ハードディスクからWindows XPが起動する前にWindows XPのCD-ROMをCD-ROMドライブにセットします。すると、画面に「Press any key to boot from CD 」と表示されますので、どのキーでもよいので押してください。

しばらくすると、[セットアップ]画面が表示されますので、[Enter]キーを押します。ライセンス契約が表示されたら、内容を確認してから[F8]キーを押します。

すると、以下の画面が表示されますので、[Esc]キーを押します。なお、修復インストールの場合は、ここで[R]キーを押します。
 

 

続いてキーボードの選択画面が表示されますので、[半角/全角]キーを押します。確認の画面が表示されたら、[Y]キーを押します。

すると、以下の画面が表示されますので、インストールするパーティションを確認してから[Enter]キーを押します。

 
 

 

 

すでに別のOSがインストールされている場合は、注意を促すメッセージが表示されます。そのままインストールするときは、[C]キーを押してください。次に、ハードディスクのフォーマットを選択する画面が表示されますので、通常は「NTFS ファイルシステムを使用してパーティションをフォーマット(クイック)」を矢印キーで選択してから、[Enter]キーを押します。
 
 

 

 

[Enter]キーを押すと、[警告]画面が表示されますので、もう一度、フォーマットしたいドライブとパーティションを確認してから、[F]キーを押します。

以上の操作をすると、ハードディスクがフォーマットされてからWindows XPのインストールが始まります。

再インストール後の設定

Windows XPの再インストールが終了したら、どのサービスパックが適用されているかを確認します。サービスパックの確認とインストールの方法は、記事「Windows Service Packってなに?」を参照してください。

またWindowsの自動更新については、記事「Windows Updateってなに?」がお役に立ちます。

更新日:2009年08月04日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する