痛み・疼痛/痛みの原因・痛み治療

患者さんの痛みを評価するペインスケール

痛み治療は、痛みの客観的評価方法であるペインスケールを基に行います。言葉では伝わりにくい痛みの重症度を、ペインスケールで評価し、治療方針や治療薬の選択に役立てます。今回は、4つの代表的なペインスケールをご紹介します。痛み治療では、患者さんと医療従事者の間に、痛みに対する共通認識を持つことが重要です。

この記事の担当ガイド

ライフアナリスト&人生改善ドクター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペインスケール、VAS,癌になったら

自分の感じる痛みを、どうすればうまく相手に伝えることができるでしょうか? その方法がペインスケールです

「痛い!」という言葉を聞いたら、あなたは、どのような痛みを想像しますか?

走って転んで、ヒザを擦ったときの痛み? 机の脚に、足の小指をひっかけたときの痛み? 包丁で指を切ったときの痛み? それとも、映画の銃撃戦で、おなかと胸を打ち抜かれた痛み?

このように、同じ「痛い!」という言葉でも、痛みを訴える人の感じ方や痛みの重症度に、大きな幅を含んでいることがわかります。今回は、患者さんが感じる「痛い!」という主観を、いかに医者や医療スタッフが数値化して評価しているのかについてお話しします。

ペインスケールとは

患者さんが感じる痛みの強さ。ちょっと痛いのか? それとも死ぬほど痛く感じているのか? 「痛い」という一つの言葉では、具体的に医者や医療スタッフに通じません。そこで、客観的痛みの指標として、痛みの強さを評価する「ペインスケール」が用いられます。ペインスケールは、痛みをある程度数値化する方法です。ペインスケールを用いることで、患者さんと医療従事者間に、痛みの強さの共通認識を作ります。

ペインスケールの種類

ペインスケールには、代表的な4つの痛みの評価方法があります。これらのペインスケールは、信頼性、妥当性ともに検討され、臨床の場で広く用いられています。

■ Numerical Rating Scale (NRS)

痛みを0から10の11段階に分けて表します。全く痛みがない状態を「0」、自分が考え想像しうる最悪の痛みを「10」として、今感じている痛みの点数を聞く方法です。
NRS、Numerical Rating Scale、痛み法評価法、ペインスケール

10段階評価方法のNumerical Rating Scaleは、中等度の認知機能低下患者さんにも有効です



■ Visual Analogue Scale (VAS)

10cmの直線を引きます。一番左端0cmの位置を、全く痛みを感じない状態と設定します。一番右端10cmの位置を、考え想像しうる最悪の痛みとします。その条件で、患者さん自身が感じている痛みの強さに近い位置を、直線の上に印をつけてもらう方法です。
VAS,Visual analogue scale,痛み評価方法、癌の痛み

VASは、臨床で最もよく使われるペインスケールです



■ Verbal Rating Scale (VRS)


痛みの強さを表す言葉を5段階に順序よく並べます。自分が感じる痛みを表す言葉として、どれが一番しっくりくるかを、患者さん自身に選んでいただく方法です。
VRS,Verbal rating scale,痛み評価方法,VAS

VRSは、5つの評価段階で痛みを評価します。選ぶ言葉が単純で、高齢者にも有効です



■ Face Pain Scale (FPS)


人の顔の表情で、痛みを推し測る方法です。あなたの感じる痛みの程度を表す表情はどれですか? と質問して、患者さんに選んでいただきます。子供や高齢者の痛み評価に、よく用いられます。
Facial  pain scale、痛み評価法、子供のガン

人の表情で痛みを評価するFPSは簡単で、小児にも応用が効きます



ペインスケールの問題点

ペインスケールは、痛みの客観的評価に有効です。ペインスケールを基に、痛みの治療方法や治療薬の選択に用いることができます。ペインスケールは、お金もかからず、簡単で効果的な痛み評価方法ですが、いくつかの問題点も指摘されています。

・ VASは、ほかの方法よりイメージすることが難しく、筆記具などが必要です。
・ VRSは、言葉を理解できない子供や、重度の認知症の患者さんには向きません。また、スケールの段階が少ないため、痛みの重症度を細かく評価できない可能性があります。
・ FPSは、痛み以外の要因、例えば、評価時の気分や心情を反映する可能性があります。また、スケールの段階が少なく、痛みの詳細な評価が難しい可能性があります。

自分で痛みを訴えられない場合

自分の痛みをうまく訴えられない患者さんの場合は、どうやって痛みを評価するのでしょうか? この場合は、NRSもしくはVRSを用いるのがよい、とされています。また、軽度の認知機能低下患者さんでは、NRS、VAS、VRSが使用可能だったという研究があります。中等度の認知機能低下患者さんでも、NRSとVRSが使用可能だったと報告されています。

痛みの共通認識を持つ重要性

患者さんの痛みに合わせた痛み治療では、痛みの評価は重要です。他人には、なかなか正しく分かってもらえない痛み。痛みは、あくまで個人的な主観、体験であるため、患者さんと医療従事者が共有できる評価軸が必要です。「今、この患者さんは、痛みをどのように感じているか?」を、ペインスケールで客観的に評価し、画像検査所見、血液検査所見などを組み合わせ、総合的に痛みを評価診断します。患者さんと医療従事者に痛みの共通認識が築くことができれば、的確で副作用の少ない治療を受けられる可能性が高まります。

更新日:2012年05月07日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    15

    この記事を共有する