母乳育児・授乳/ミルク・授乳の仕方

フォローアップミルクは必要?

生後9ヶ月頃になると、運動も活発になり成長も早くなるので、鉄分が少なくなってきます。フォローアップミルクと育児用ミルクの違いは、蛋白質が多い、鉄分が多い、脂肪分が少ない、炭水化物が多い、価格が安い、など。離乳食をよく食べて、貧血傾向がなければ、牛乳でも大丈夫です。

この記事の担当ガイド

ゆっくり、ゆっくりママになればいいんだよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生後9ヶ月頃からは鉄分が不足しがち

赤ちゃんとミルク

フォローアップミルクは必要?

生後9ヶ月頃の赤ちゃんは、離乳食もほぼ3回食に近くなり、ストローやコップからも飲み物を飲めるようになり、赤ちゃんもハイハイ~つかまり立ちになり、あんよに向けて動きも活発になります。

急激な成長にともない体内の貯蔵鉄が少なくなるため、2歳頃までは鉄欠乏が最も起こりやすいと言われています。そのため、母乳や育児用ミルクの代わりに、早くから鉄分の少ない牛乳を与えると、「鉄欠乏性貧血」の危険性が高まります。 ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、値段的にも安いのでフォローアップに移行する方が多いようですが、完全母乳の場合には、飲ませるタイミングを逃して、飲ませる人は少ないようです。メーカー側は3歳までの飲用をおすすめしていますが、アレルギーに注意しながら、時期を見て牛乳にも慣れさせるようにしましょう。

gunngunn

和光堂のぐんぐんは一番鉄分が多いフォローアップミルク

育児用ミルクとフォローアップミルクとの違い

フォローアップミルクと育児用ミルクでは、以下のような違いがあります。

栄養成分(100g当たり)
蛋白質が多い    11.7g      14.3g
鉄分が多い      7mg       9.5mg
脂肪分が少ない    27.7g     20.0g
炭水化物が多い    55.8g    59.6g
カロリーが若干低い  518kcal   475kcal

そのほか、フォローアップミルクには、銅、亜鉛が入っていないなどが挙げられます。また、メーカーによって違いはありますが、フォローアップミルクのほうが一般的には400~500円安いです。

フォローアップミルクの成分を各種メーカーで調べてみましたが、大きな差はあまりなく、ラクトフェリンやDHA、オリゴ糖、β-カロチン MBPなどが各メーカーによって添加されています。


>> フォローアップミルクはあげなくても大丈夫?

更新日:2011年08月02日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    14

    この記事を共有する