食事ダイエット/太らない食べ方のコツ

お米を食べると太る?太らない食べ方

ダイエット中に気になるのは、お米などご飯を含む炭水化物!という人も多いのではないでしょうか。なぜご飯は太ると言われるのか、ご飯は本当に太るのか、の疑問にお答えしつつ、太らないお米の食べかたについて解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お米を食べると太る!?

カレー

お米を食べるときは食物繊維と一緒がベター!

ダイエッターにとっては、お米=炭水化物=太る!? という図式が頭に浮かんでしまうかもしれません。お米などの炭水化物は、エネルギーになる栄養素として広く知られていますが、ダイエット中は本当にお米を食べない方が良いのでしょうか。早速見て行きましょう。


炭水化物抜きダイエット、低炭水化物ダイエットの真偽

ダイエット中にお米やパンなどの炭水化物を食べない、または炭水化物を極力減らすという「炭水化物抜きダイエット」というダイエット方法を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。

実際このダイエットの最新の研究結果はどうなのか。ズバリ、その答えは「わからない」というのが現段階での専門家の見解です。「十分な根拠がないため、低炭水化物ダイエットを推奨することも、これに反対することもできないという結果が得られています(中嶋良子氏・廣田晃一氏 国立健康・栄養研究所)」

もう少し詳しく見て行きましょう。

いくつかの研究によると「炭水化物抜きのダイエットをした結果、体重減少が見られた」という事実も確認されています。でも、その結果について専門家は次のように解釈しているようです。

「体重減少は炭水化物エネルギー比率の影響というよりも総エネルギー摂取量の低下によることが示唆されている。低炭水化物ダイエットの有効性と安全性を証明するにはデータが十分でない。そのため低炭水化物ダイエットの評価はできない(同上、中略)」

つまり、炭水化物分を減らしたからではなく、食べたものの総カロリーが減ったために、結果として痩せたということです。また、炭水化物抜きの食事での減量は長期的に続けることが難しく、6ヶ月以上は継続できないという研究結果もあるようです。

更新日:2011年04月12日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する