手紙の書き方・文例/手紙の基本文例

気持ちが伝わる、バレンタインデーのカード文例

バレンタインデーには、恋人だけでなく、親しい方やお世話になった方に、日頃の感謝の意味でチョコレートなどを贈るという方も多いでしょう。そんなバレンタインデーの贈り物にも、時にはひと言カードを添えてみるのもいいものです。バレンタインデーの贈り物にちなんだ、カードの文例のいくつかをあげてみましょう。

この記事の担当ガイド

心くばりのある生きた敬語の使い方、手紙の書き方ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バレンタインの贈り物にも時にはひと言添えて

バレンタインデーのカードの文例

バレンタインデーの贈り物にも時にはひと言カードを添えるのも温かみがあっていいもの

2月14日は、バレンタインデーですね。バレンタインデーまたは、セントバレンタインズデー(st.valentines day)と呼ばれていますが、欧米では、男女ともに恋人や親しい相手に花やお菓子など、様々な贈り物をするそうで、贈り物に添えられたカードには、「Be My Valentine」「From Your Valentine」などと書くことがあると聞きます。

その起源は諸説あるようですが、愛の表現、告白として、女性から男性にチョコレートを贈るという習慣は日本独自のものだと言われます。しかし最近は、恋人宛だけでなく、日頃お世話になっている方へのお礼の意の贈り物という形も随分定着したようです。

いずれにしても、バレンタインデーにちなんで、カードや贈り物をというのもいいものですね。日頃の感謝をこめて、親しい方にも時にはカードを添えてみてはいかがでしょう。

文例1:取引先の部署へ

いつもお世話になりまして、ありがとうございます。
会社の近くに先日オープンしたスイーツ店のものなのですが、
よろしければ、お茶の折にでも皆さんで召し上がっていただければと思います。
また○○の件では、お知恵を拝借、アドバイスをいただくこともあろうかと存じますが、その折はどうぞよろしくお願い申し上げます。
日頃の感謝をこめて……。        植田デザイン 編集部より


文例2: 夫へ

いつもお仕事お疲れ様です。
日頃は毎日顔を合わせているせいか、
当たり前になってしまったり、
なかなか口に出せずにいますが、
いつも感謝しています!
来月は、新しいプロジェクトが始まるとのこと、
身体に気をつけて、がんばってくださいね。
朱美と選んだ、チョコレートとネクタイをお贈りしますね。 

文例3:義父へ

2月12日はお父様のお誕生日ですね。
バレンタインデーにちなんで、娘といっしょに
チョコレートのカップケーキを作ってみました。
娘はおじいちゃんに贈るのだと張り切って、
失敗しても何度も挑戦していたようです。
失敗作は私たちのおやつとなりました(笑)
お茶のお時間にでもお母様と召し上がってくださいね。
日中と朝晩の気温差があります折、
どうぞお身体お大事になさってくださいませ。

文例4:孫から祖父宛へのカードも合わせて

よしひこおじいちゃんへ
この間は、ラッコの絵本とぬいぐるみをありがとうございました!
うれしくて毎日ながめています。
カップケーキ、食べてね。
ピンクのはイチゴとホワイトチョコ味です。
けいこおばあちゃんにもよろしくね。
またあそびにいきます。     朱美

文例5:子どもから父宛へのカードも合わせて

お父さんへ
いつもおしごとたいへんですね。
お母さんといっしょに、チョコレートとネクタイをえらびました。
ネクタイの絵は、うさぎさんです。
かいしゃにしていってね。  朱美

更新日:2011年02月08日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する