妊娠中期/超音波検査・エコー写真

超音波検査・エコー写真の見方

超音波検査(エコー検査)とは、高い周波数の音波をおなかにあてて、子宮内の様子を観察する検査です。妊娠初期は、経腟法といってプローブと呼ばれるスティック状の器具を腟に挿入して、まだ小さい赤ちゃんを観察します。妊娠12週前後からは経腹法といって、おなかの上にゼリーをつけ、プローブをおなかにあてて検査をします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超音波検査、エコー検査とは

2Dエコー

2Dエコーが一般的

超音波検査(エコー検査)とは、高い周波数の音波をおなかにあてて、子宮内の様子を観察する検査です。妊娠初期は、経腟法といってプローブと呼ばれるスティック状の器具を腟に挿入して、まだ小さい赤ちゃんを観察します。

妊娠12週前後からは経腹法といって、おなかの上にゼリーをつけ、プローブをおなかにあてて検査をします。妊娠25週前後では、それとは別に、早産の可能性を評価するために子宮頸管(産道)が短縮してきていないか(頸管長測定)、前置胎盤でないかを評価するために、胎盤が子宮口にかかっていないかなどを検査する施設も多いでしょう。
 

2Dエコー、3Dエコー、4Dエコーの違い、カラー超音波とは?

最近では、3Dエコー(3D超音波、静止・立体画像)や、3Dに時間時間の要素を加え、赤ちゃんの表情や動いている様子などを立体的に、リアルタイムに観察できる4Dエコー(4D超音波)を導入する産院もでてきました。お母さんや家族にとっては感激も倍増でしょうが、時間がかかること、赤ちゃんの位置によっては適切な画像をとれないこと、コストがかかること、現時点では通常の超音波断層法(2Dエコー)の方が胎児情報も取りやすいことなどから、2Dが一般的に使用されています。

なおDとはdimension(次元)の略語で、2Dは縦と横を映し出し平面的(2次元)に赤ちゃんを見ます。3Dはそれに深さを加えて、赤ちゃんを立体的に表現でき、4Dとはさらに時間空を加えて、人間の目と同様に赤ちゃんを観察することができます。

「カラー超音波」という言葉を聞くことがあるかもしれませんが、これは「カラードプラ法」といって、赤ちゃんがカラーに見えるのではなく、赤ちゃんの中を流れる血流の状態がカラーで表示される方法のことです。

ここでは、従来の超音波写真(2Dエコー)の見方を解説します。


>> 超音波写真(2Dエコー)の見方

更新日:2010年10月01日

(公開日:2010年09月25日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    5

    この記事を共有する