インフルエンザ/インフルエンザの症状・合併症

インフルエンザの症状

風邪とインフルエンザの違いを知っていますか? インフルエンザは潜伏期間がほとんどない「感染症」です。咳・喉の痛み、倦怠感以外に突然高熱が出た場合には注意が必要です。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザは高熱が特徴

fever_1.jpg
38℃以上は注意!
いわゆる風邪とインフルンザの症状は、咳、喉の痛み、発熱するなどは変わりません。違うのは体温上昇の程度です。インフルエンザでは発熱するとすぐに38℃を越えてしまいます。人の体温は目覚めたときより夕方の方が高くなりますが、朝から38℃以上の発熱があった場合は要注意です。

■インフルエンザで起こる症状
  • 時間帯を問わず、38℃を越える高熱がある
  • 寒気・震え(特に発熱する直前)
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 関節痛・筋肉痛
  • 喉の痛み
  • 咳(起こらない場合もある)
  • 鼻水(ウイルスがいるので感染性あり!)
  • くしゃみ(ウイルスがいるので感染性あり!)
インフルエンザは潜伏期間が短いので、朝から発熱したまま学校や会社に行くと、集団感染してしまうことも十分あります。ただし、発熱する前から感染性はあるので、学校では学級閉鎖をしても集団感染を完全には予防できません。

インフルエンザは法律で定められている「感染症」です。普通の風邪と違い、感染した人は集団感染を予防するために出勤や登校をしてはいけない等と定められています。小児や高齢者の場合は、重症になることもあるからです。

小児での解熱は慎重に

medical_thermometer_1.jpg
解熱は諸刃の剣
インフルエンザの主な症状は発熱です。小児では熱性痙攣(ねつせいけいれん)といって、発熱に伴って痙攣発作を起こす事があります。ところが発熱に対して解熱剤を使うとかえって「インフルエンザ脳症」という最も重い合併症のきっかけになる可能性が指摘されています。

インフルエンザ脳症では脳に重い障害を伴う後遺症が残る事があります。小児に成人と同じ薬剤を使うことは避けた方が賢明です。小児科領域では強い解熱剤は使わない方向となっています。氷やアイスパック(保冷剤)を用いて物理的に体温を下げる事は症状の緩和になります。アセトアミノフェンという解熱剤は安全性が高いとされています。

高齢者には肺炎が危険

str_pneu_1.jpg
肺炎球菌による肺炎は恐い合併症!
高齢者のインフルエンザで恐いのは肺炎(肺炎球菌による肺炎)を合併した場合です。ペニシリンなどの抗生物質で治ると思われていますが、抗生物質は肺炎の病期を短縮するものの、肺炎の死亡率自体を下げる結果は出せていません。高齢者に対するインフルエンザワクチン接種が推奨される理由の一つです。

更新日:2009年04月20日

(公開日:2008年12月11日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する