心臓・血管・血液の病気/心筋梗塞・狭心症

狭心症・心筋梗塞の原因・メカニズム

冠動脈が細くなり、心臓の筋肉が酸欠になることで胸が痛くなる「狭心症」。狭心症が重くなることで起きる「心筋梗塞」。糖尿病や高血圧などの主な原因を始め、狭心症や心筋梗塞が起きるメカニズムを分かりやすく解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

狭心症や心筋梗塞の原因

急性心筋梗塞では心臓の筋肉が死んでしまいます

急性心筋梗塞では心臓の筋肉が死んでしまいます

胸の痛みが特徴的な狭心症。心臓に血液を送る「冠動脈」と呼ばれる動脈が、動脈硬化やけいれんのために細くなり、心臓の筋肉が酸欠になるために、胸の痛みが起こります。

狭心症が重くなったり、冠動脈の中の脂肪の袋が破れて血栓ができ血管が詰まってしまったりすると、心臓の筋肉が死んでしまいます。これが心筋梗塞で、強い痛みを長時間伴うことが多い病気です。

心筋梗塞が起こってしまうと、その大きさや状態によって、不整脈や心不全、心臓破裂や心臓内部に穴が開いたり弁の逆流などが起こります。これらの症状は命を落とす危険が大きくなるため、心筋梗塞はとても怖い病気なのです。日本の死亡原因の上位を常に占める国民病でもあります。

狭心症や心筋梗塞の5大リスクファクター

冠動脈のリスクファクターにご注意を。そのままにしておくと、いずれ狭心症や心筋梗塞になるかも知れません

冠動脈リスクファクターにご注意を! そのままにしておくと、いずれ狭心症や心筋梗塞になるかも知れません

狭心症や心筋梗塞をひとまとめにして、「冠動脈疾患」「虚血性心疾患」と呼びます。これらの病気の原因を冠動脈リスクファクターといいます。原因はさまざまですが、主なリスクファクターは以下の5つです。
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高脂血症 (コレステロールや中性脂肪などが高い)
  • 喫煙 (禁煙した方がよいが、過去の喫煙経験もリスクになる)
  • 家族歴 (血縁に心筋梗塞などの患者がいる)

上記に1つでも当てはまるものがあれば、将来冠動脈疾患になるリスクが高いので、注意が必要。

インシュリン注射

インシュリン注射が必要な糖尿病ではとくに動脈硬化や狭心症の悪化にご注意を

リスクファクターの一つである「糖尿病」の中でも、インシュリン注射を必要とするタイプの糖尿病は動脈硬化が進みやすいため、特に注意が必要です。インシュリンではなく薬で血糖値をコントロールしてもらっている場合も、血糖値が高くなりすぎないように注意しましょう。

かつては頻繁に尿糖や血糖を調べましたが、現在はA1cヘモグロビンという血液検査で、最近1カ月の血糖値の平均を知ることができます。これを活用してしっかりと血糖値をコントロールしましょう。

高脂血症については、悪玉コレステロールが高いのはもちろんよくありませんが、善玉コレステロールが少ない場合も要注意。

いずれのリスクファクターも冠動脈の動脈硬化を悪化させたり冠動脈内の脂肪の袋を作ってしまうという意味では同じです。


それ以外の注意すべきリスクファクター

メタボリック症候群

多くの人が該当する「メタボリック症候群」もいずれ危険な状態につながるリスクが……

上記の5大リスクファクター以外にも重要なものがいくつかあります。一例を挙げましょう。
  • 慢性腎不全・血液透析
  • 高度の肥満
  • 過労やストレス
  • 下肢や頸その他の動脈硬化
  • 痛風 (足の親指の付け根が腫れて激痛が起こる)
  • 高尿酸血症
など。上記のようなリスクファクターも無視できません。これからは睡眠時無呼吸症候群も油断できないでしょう。

特に腎不全・血液透析の方はキメ細かい全身のケアが大切です。また、肥満は高血圧・高血糖(糖尿病)・高脂血症と併せてメタボリック症候群(メタボリックシンドローム)という大きなリスクになります。いずれも冠動脈の動脈硬化を進行させ狭心症や心筋梗塞を起こしやすくするのです。

冠動脈疾患の予防・治療……努力が報われやすい病気

冠動脈疾患でも健康管理が大切。予防効果も早期発見での治療効果も高い病気です

第一に健康管理。予防効果も早期発見による治療効果も高い病気なのです

進行すると命にも関わる冠動脈疾患ですが、暗い話ばかりでもありません。狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患は、予防効果も治療効果も高いのです。

上記に挙げたリスクファクターを一つひとつ入念に予防したり、治療したりいけば、冠動脈疾患はそれだけ防ぎやすくなります。例え冠動脈が狭くなっていても有効な治療法がありますので、その意味で早期発見の努力が報われやすい病気とも言えます。上手に自己管理をして、予防効果と治療効果に期待しましょう。

■参考サイト
心臓血管外科情報WEB

更新日:2010年04月27日

(公開日:2010年04月21日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する