歯・口の病気/親知らず

親知らずの抜歯後の良くあるトラブルと対処法

親知らずの抜歯は普通の歯の抜歯よりちょっとリスクは高め。親知らずを抜歯した後に良くあるトラブルと対処法について解説します。

この記事の担当ガイド

歯のお悩みを読者目線で分かりやすく解説する現役歯科医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親知らずの抜歯のリスクは?

親知らずの抜歯は普通の歯より少し手間がかかることが多い

親知らずの抜歯は普通の歯より少し手間がかかることが多い

親知らずの抜歯は、普通の歯の抜歯に比べ次のような理由からややリスクは高いのが一般的です。

■ 位置的問題
器具が到達しなければ抜歯できない。親知らずは口の奥の部分にあるために手前の歯、頬の粘膜、骨などが邪魔になって普通の歯よりも麻酔も抜歯も難易度が高い。

■ 視覚的要素

抜歯が必要になる親知らずは、顎の骨に歯が隠れていることも多く、歯茎を切ったり骨や歯を削ったりの作業が必要になることも。目で直接見えない場合、鏡による確認や感覚による抜歯が必要となる。

■ 歯の形態
親知らずは、普通の歯より退化傾向にあるため、抜歯しにくい複雑な形をしてい場合があり、歯の凸凹が骨に引っかかり抜きにくいことも多い。

親知らずといえども特別な構造や材質でできている訳ではなく、普通に生えている歯とほとんど同じです。そのため普通の歯と同じように生えている場合には、同じように抜歯できることもあります。
 

良くある抜歯後のトラブル

親知らずの抜歯後に良くあるトラブルは次のようなものがあります。

■ 出血が続く
抜歯当日にときどき見られる。口の中の出血は唾液で薄まり、実際の出血以上の血液がどんどん出てくるように見えるもの。少量であればそのままでも心配ないが、気になるようであれば、清潔なガーゼやティッシュなどをロール状にして圧迫止血する要領で10~20分程度噛むようにする。

■ 腫れる
親知らずは抜歯後全く腫れないこともあれば、しばらくの間腫れたりすることも。1~2週間程度かけて少しずつ落ち着くのが一般的。

■ 口が開かない
歯茎や頬の粘膜部分が腫れることがあり、腫れがあごの関節の動きを妨げたりするため、だんだんあごが開きにくくなる。安静にしていれば腫れの消失とともに次第に開くようになる。

■ 術後の痛み

通常でも抜歯後2~3日は痛みが出ることがある。薬などを服用して痛みを抑えるのが一般的だが、1週間程度痛みが続くような場合は一度病院で相談を。

■ 縫合した糸が取れる

抜いた後に傷口を縫合した場合、通常1週間待って抜歯する。しかし、1~2日目で縫った歯茎の部分が腫れて糸が取れてしまうことも。この場合は縫い直さず、様子を見ることがほとんど。

■ ドライソケット

抜いた後穴の内部の骨が、かさぶたの役割をする血の固まりで十分に覆われない状態が続き痛みが長く続く。下の親知らずの抜歯後、2~4%程度の人に起こるといわれている。軟膏状の薬で保護したり、再び内部を刺激したりして治癒に2~4週程度かかる。

傷口を綺麗にしておくために頻繁にうがいをしたり、抜歯後の穴の内部を洗い流そうとすることは治癒を送らせる恐れがあるので逆効果です。

抜歯後は薬などが処方されるのが一般的です。抗生物質などは痛みが落ち着いても傷口から体の血液中に入り込んだ細菌を殺す効果があるので、途中で止めることなくしっかり飲みきるようにしましょう。

更新日:2009年10月27日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    61

    この記事を共有する