睡眠/睡眠歳時記・季節ごとの快眠法

眠るが勝ち!新型インフルエンザ対策の極意

良質な睡眠は、新型インフルエンザの予防と治療にとても大事。眠っている間にインフルエンザがひどくなることもあれば、朝起きたら治っていることもあります。睡眠がインフルエンザに効くメカニズムと、正しい眠り方をご紹介します。

この記事の担当ガイド

日本を睡眠先進国にするため、正しい快眠習慣の普及に努める専門医

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本もついに、流行期に入った新型インフルエンザ。厚生労働省が勧める新型インフルエンザの自宅療養の柱は、十分な栄養と休養です。今回は、新型インフルエンザの予防と治療における、睡眠の重要性をご紹介します。

睡眠中は免疫が大活躍!

睡っている間に、免疫がウィルスを攻撃します

睡っている間に、免疫がウィルスを攻撃します

動物を数週にわたって全く眠らせないでおくと、すべてが必ず死んでしまいます。解剖して調べると体中にバイ菌が増えていて、敗血症で死んだことが分かります。

これは、眠れないことでバイ菌から身体を守る免疫の働きが障害され、腸からの細菌の侵入を阻止できなくなったためです。

人間で同じような実験をすることはできませんが、軍隊での訓練のため長期間にわたって睡眠不足でいると、風邪にかかりやすいことが知られています。これは、私たちも実感できますね。

細菌やウィルスに対する抵抗力は、睡眠中に維持・強化されているのです。そのため、睡眠時間が減ったり、細切れにしか眠れなくなると、身体の抵抗力が落ちて、インフルエンザにかかりやすく、かつ治りにくくなってしまいます。

インフルエンザになると眠くなるのも、免疫の働きに関係しています。ウィルスに感染した細胞やウィルスを退治しようとする細胞から、サイトカインという物質が出ます。このサイトカインは、熱に弱いウィルスを殺すために、体温を上げます。一方で、他の活動を止めてウィルスとの戦いに専念するため、身体を休ませようとして眠気を催すのです。

大人にも大事な成長ホルモン

深い眠りのときに成長ホルモンが、傷ついた細胞をメンテナンスしてくれます

深い眠りのときに成長ホルモンが、傷ついた細胞をメンテナンスしてくれます

昔から、「寝る子は育つ」と言われてきました。実はこれ、本当なんです。身体の成育に重要な成長ホルモンは、寝ついてから最初に深く眠ったときに、大量に分泌されます。

この成長ホルモンのシャワーを浴びて、子どもは大きく育っていきます。思春期を過ぎると成長ホルモンの量は減りますが、大人でも細胞の修復や疲労回復に大切な役割を果たしています。

成長ホルモンは、睡眠のリズムと関係が深いホルモンです。もし、十分な睡眠時間が取れないと、夜の睡眠の前半に見られる血中濃度のピークの値が少なくなってしまいます。そうなると、日中の活動で傷ついた細胞のメンテナンスに支障をきたし、ウィルスが体に進入しやすくなったり、インフルエンザが治りにくくなったりします。

十分な量の成長ホルモンを分泌させるためにも、睡眠はとても大事だということです。

更新日:2009年10月03日

(公開日:2009年10月02日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する