パワーポイント(PowerPoint)の使い方/画像・図形・サウンド・動画

パワポでパラパラ写真を作る(写真の順序)

たくさんの写真を重ねて、クリックするたびに写真が1枚ずつめくれる動きをパワポのアニメーションで作成します。「その1」では、準備作業を紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
私は、展示会のブースで使う、製品紹介スライドの製作を依頼されることがあります。こういったスライドでは、製品そのものを正確に表現できる「写真」をたくさん使うのですが、スライドに写真をレイアウトするだけでは、面白みがありません。また、写真の数が多い場合は、その分、スライドの数も正比例して増えてしまいます。

そこで、写真を何枚も重ねて、クリックするたびに次々と写真が表示される案を出したところ、とても気に入っていただきました。これは、写真に「終了」のアニメーションを設定することで、次々と下側の写真が表示される仕組みなのですが、クリックするごとに写真が入れ替わるので、ぱらぱらと写真をめくっているように見えるのです。

そこで、今回と次回の2回にわたって、犬の成長アルバムを例に、複数の写真を重ねて順番に写真をめくるアニメーションの設定方法を紹介します。

写真をクリックすると、次の写真がじわっと表示される動きを作る



写真を挿入する

写真にアニメーションを設定する前の準備作業がいくつかあります。まず、必要な写真をスライドに挿入しておきます。

写真を挿入する操作は簡単。「図形描画」ツールバーの「図の挿入」ボタンをクリックし、開く画面で、写真の保存先とファイル名を指定するだけです。

ここでは、あらかじめパソコンに保存されているデジカメの写真を使う


上の画面で「挿入」ボタンをクリックすると、指定した写真がスライドに表示されました。写真のサイズや位置は後から調整するので、この段階で気にする必要はありません。

指定した写真がスライドに表示された


同じ操作を繰り返して、必要な写真をすべてスライドに挿入しておきます。このとき、後から写真をぴったり重ねることを考慮して、横置きの写真か縦置きの写真のどちらかに統一しておくといいでしょう。

少しずつ写真をずらしておくと、後で操作がしやすくなる


更新日:2009年06月02日

(公開日:2007年03月15日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する