エクセル(Excel)の使い方/グラフ

エクセルでわかりやすい円グラフを簡単に作るポイント

エクセルで円グラフを作成するための基本的な考え方を整理します。何となく作成していた円グラフが、自信を持って作成できるようになります!ぜひ、ご覧下さい!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラフの中でも、棒グラフ・折れ線グラフに次いで作成頻度の高い円グラフ。円グラフならではの考え方やテクニックを2回にわけてキッチリまとめます。前編となる今回は、効果的な円グラフを作成するための基本的な考え方を整理します。

わかりやすい円グラフを作成する準備

円グラフを作成する前に、ちょっとだけ確認。グラフの元データの並びを見てみましょう。円グラフでは、1番目のデータから「時計回り」にグルリと並べられるので、元データを大きい順に並べ替えておくと、データの割合の状況がつかみやすい、わかりやすい円グラフを作成できます。特に問題がなければ、グラフの元データを降順に並べ替えておくと良いでしょう(データを並べ替える方法については、ガイド記事「リストの並べ替えの基本」をご参考下さい)。



グラフウィザードを使って簡単作成

それでは、円グラフを作成してみましょう。

グラフの元となる表内を選択して、「標準」ツールバーの「グラフウィザード」ボタンをクリックします。



表示された「グラフの種類」を選択する画面で、「標準」タブ内の「グラフの種類」で「円」を選択し、ここでは「形式」の左上端のパターンを選択して、「次へ」ボタンをクリックします。



表示された「グラフの元データ」を設定する画面で、設定されている「データ範囲」と「系列」が「列」になっていることを確認し(※注1)、プレビューで作成される円グラフに問題がなければ、「次へ」ボタンをクリックします。

※注1・・・今回のサンプルデータが列単位で作成されているため、ここでは「系列」が「列」になっています。詳しくは次ページで解説します。


円グラフを構成する重要な要素「パーセンテージ」

表示された「グラフオプション」を設定する画面では、タイトルや凡例などの表示を設定できます。ここでは、「データラベル」タブをクリックして、「ラベルの内容」の「パーセンテージ」にチェックを入れます。円グラフは、「データの内訳を表現する」のが得意なグラフです。

そんな円グラフにとって、各項目の全体に占める割合の「パーセンテージ」は重要な要素ともいえるでしょう。最後に「完了」ボタンをクリックして、グラフを完成させます。

※「次へ」ボタンをクリックすると、「グラフの作成場所」を選択する画面が表示されますが、グラフを「オブジェクト」として作成する場合は、ここで「完了」ボタンを押しても同じ結果になります。


円グラフ完成!

円グラフが完成しました。




更新日:2009年08月01日

(公開日:2007年12月05日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する