簡単お菓子レシピ/ケーキ・焼き菓子のレシピ

爽やかさいっぱいのレモンパウンドケーキ

多くのバリエーションが楽しめるパウンドケーキ。今回ご紹介するのは爽やかなレモンの香りと甘酸っぱいアイシングとの相性が抜群なレモンパウンドケーキです。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
爽やかさいっぱいのレモンパウンドケーキ

所要時間:60分

カテゴリー:ケーキパウンドケーキ

 

爽やかなレモンパウンドケーキ

多くのバリエーションが楽しめるパウンドケーキ。今回ご紹介するのは、爽やかな香りいっぱいのレモンパウンドケーキです。生地に混ぜ込むだけでなく、焼き上がりにレモンシロップを塗り、アイシングにもレモン果汁を使いました。ひと口いただくと爽やかなレモンの香りと甘酸っぱいアイシングの相性が抜群なパウンドケーキ。焼いた次の日は生地が落ち着いて、よりしっとりおいしくなります。

レモンパウンドケーキの材料(18cm パウンド型 1台分

レモンパウンドケーキ
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
ひとつまみ
無塩バター 100g
2個(M)
グラニュー糖 100g+大さじ1
レモン 1個(無農薬または国産のもの)
粉砂糖 50g

レモンパウンドケーキの作り方・手順

レモンパウンドケーキ

1:下準備する

下準備する
卵とバターは室温に戻しておきます。薄力粉、ベーキングパウダー、塩は合わせてふるいます。オーブンは170℃に予熱しておきます。型にベーキングシートを敷きます。レモンは飾り用にゼスター(ピーラ?)で皮を向き、残りはすりおろし、レモン果汁を絞ります。

2:バターとグラニュー糖をクリーム状に混ぜる

バターとグラニュー糖をクリーム状に混ぜる
ボウルにバターを入れ、クリーム状になるまで、空気を混ぜ込むような気持ちで、泡立て器でよく練ります。グラニュー糖を加えて、白っぽくふんわりしてくるまで泡立て器でよく混ぜます。

3:卵を加えて混ぜる

卵を加えて混ぜる
ときほぐした卵を4回に分けて加え、そのつど泡立て器でよく混ぜます。いっぺんに卵を入れると生地が分離してしまうので、少しずつ加えたら、完全に混ざってから次を加えるようにしてください。

4:粉をさっくりと混ぜる

粉をさっくりと混ぜる
ふるっておいた粉類、すりおろしたレモンの皮を加え、ゴムべらでさっくりと、切るように混ぜます。

5:生地を型に入れて焼く

生地を型に入れて焼く
生地を型に入れたら、型を2,3回軽く台に落として、中の空気を抜きます。中心は火が通りにくいので、側面に生地を寄せ、中心が窪むようにします。予熱しておいた170℃のオーブンで約40分焼きます。

6:仕上げをする

仕上げをする
レモン汁のうち、大さじ1だけを別にして、残りにグラニュー糖大さじ1を加え、電子レンジ(600w)で1分加熱して、レモンシロップを作ります。型から外し、熱いうちに表面にシロップを刷毛で塗ります。粉糖に大さじ1のレモン汁を加えて良く混ぜレモンアイシングを作ります。完全に冷めたらアイシングをスプーンで上からかけ、レモンの皮を飾ります。

ガイドのワンポイントアドバイス

粉、卵、砂糖、バターをそれぞれ1ポンド(約450g)使うことから名前が付いたパウンドケーキ。簡単に作れるワンボウルケーキの代表ですが、注意してほしいのは手順3の卵を混ぜるところです。水分と油分を一緒に混ぜるため分離しやすいので、卵は必ず室温に戻して使うこと、少しずつ加えて、完全に混ざってから次を加えるように心がけてください。ここで空気を抱き込むことにより、ふんわりと口当たりの良いパウンドケーキになります。万が一、分離したら、粉類から大さじ2を取り生地に加えて混ぜると、分離した生地をなおすことができます。

更新日:2010年03月15日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する