Mac OSの使い方/Macのデスクトップ・画面設定

LeopardのDockをカスタマイズ

LeopardのDockをもっとカッコ良く、使いやすくするための裏技を紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Mac OS Xでは、画面下部にあるDock(ドック)というソフトウェアによって、インターネットブラウザやメールソフト、ファイル/フォルダにすばやくアクセスできます。

Mac OS X 10.5 Leopardの新しいDockは見た目が少し変化した以外にも、フォルダの内容をカッコ良く表示するスタック機能が追加されました。

そんなLeopardのDockをもっとカッコ良く、使いやすくするための裏技を紹介します。

DockにExposeを搭載する

Mac OS X の特徴を紹介するとき真っ先に思いつくのが「Expose(エクスポゼ)」です。画面上にあるすべてのウインドウを並べて表示し、目的のウインドウを選択しやすくします。初期設定ではF9~F11を押すことで操作します。

//img.allabout.co.jp/gm/article/2458/expose.jpg
正しくはExposeのeには’がつきます

ただ、マウスだけで操作したい場合、画面四隅に割り当てたり、余っているボタンに割り当てたりしても、いまいちしっくりきません。そんなときは、アプリケーション フォルダにある「Expose」をDockに登録してみましょう。

//img.allabout.co.jp/gm/article/2458/dockinexpose.jpg
クリックや、マウスボタンを押してしばらく待つだけでExposeの機能が呼び出せるようになります

登録したアイコンをクリックすると、「すべてのウインドウ」が機能します。Dockメニューを表示させれば「デスクトップ」や「アプリケーションウインドウ」を表示することができ、キーボードを操作なしで、手軽にExposeを楽しめます。

Mac OS X Leopardでは、これ以外にも「FrontRow」や「Spaces」などの機能呼び出し用のアプリケーションをDockに登録し、クリックだけで呼び出せるようになります。

オンラインソフトでDockをカスタマイズ

Dockカスタマイズするソフトウェアはいろいろありますが、コマンドの意味がわかりにくかったり、元に戻せなくなったりするので、注意する必要があります。

ガイドがおすすめするソフトは「PimpMyDock」です。英語のソフトですが、サイトで配布されているテーマをドラッグ&ドロップして「Apply Theme」をクリックするだけ。テーマエディタも内蔵しているので、自分でテーマを作成することもできます。
元のデザインに戻すには、「File」メニューの「 Restore Factory Dock」を実行します。
//img.allabout.co.jp/gm/article/2458/pimpmydock.jpg
テーマをサイトからダウンロードして、解凍してできるファイルをドラッグ&ドロップするだけ!

更新日:2009年06月06日

(公開日:2008年01月13日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する