結婚式・披露宴の準備/結婚式アーカイブ

ご祝儀袋・受け渡し方

結婚式にはつきもののご祝儀。でも、もらう立場になっても、あげる立場になってもわからないことがいっぱい。ご祝儀について徹底解明! どういった意味合いをもって、どれくらいの金額のやり取りがなされるか知っておけば、その使い道なども見えてくるはずです。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

祝儀袋はどんなものを用意すればいいの?

ご祝儀を贈る場合は、祝儀袋に入れて先方に渡します。祝儀袋は水引が結びきりのものを使って下さい。結びきりとは一度結んだらほどけない結び方で、「二度と繰り返して欲しくないこと」の場合に使われます。結婚は基本的には一生に一度のものですから、結びきりの水引を使うのです。

祝儀袋は文房具店で扱っています。祝儀袋の陳列棚に行くと、安いものから高いものまでさまざまな種類があり、どれにしようか迷ってしまうという人も少なくないでしょう。包む金額が少ないので、せめて祝儀袋だけは豪華にと考える人もいるかも知れませんが、それはNG。金額に見合った祝儀袋を使うのがルールです。最近の祝儀袋はパッケージに「2~3万円くらい」などと、ご祝儀金額の目安が書かれているものが多く、非常に便利です。

祝儀袋の中には中袋(中包み)が入っていますので、このなかに新札、なくてもできるだけ綺麗なお札を入れます。向きを揃えて、お札の表(肖像画が印刷されている面)が祝儀袋の表に来るように入れましょう。なお、中袋の表には金額(漢数字で)を、裏には名前と住所を書きます。

■表書きの書き方はこちら
ご祝儀袋の表書きとマナー All About「ご祝儀・祝儀袋」サイト

ご祝儀の渡し方

ご祝儀を持って行くときにはふくさに包みましょう。「そんなの常識でしょ」という方も多いとは思いますが、最近はむき出しで持ってくる人もけっこう見かけるんですよね。ふくさに包めば水引が崩れるのも防げますし、なんだか優雅な雰囲気にもなりますので、ぜひ使用したいものです。

ご祝儀を渡すときには、ふくさの台または折り畳んだふくさのうえにご祝儀袋を乗せてさし出すのが正式マナーですが、結婚式会場の受け付けで渡す場合には、手で直接渡しても構いません。ただし、その際は、片手で渡すのではなく、両手できちんと持つように。ご祝儀袋は正面を先方に向けてさし出します。

受け付けが混雑していたり、慌てていたりすると、ついぞんざいな振る舞いになってしまいがちですが、結婚式では慌てる必要はありません。ゆっくりと落ち着いて振る舞うことが大切です。また、渡す前には、「このたびはおめでとうございます」の一言をお忘れなく。「この人、どうせ新郎新婦の友人でしょ。単なる受け付けだから、関係ないのよね」などとは、間違っても思ってはいけません。

更新日:2004年05月04日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する