結婚式・披露宴の準備/結婚式アーカイブ

絶対盛り上がるウエディングケーキの演出

結婚式には欠かせないウエディングケーキ。ふたりでケーキ入刀をするのが定番ですが、ほかにもいろいろと演出方法があるんです。ウェディングケーキで盛り上がる素敵なテクニックを伝授!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウエディングケーキの演出といえばケーキ入刀が定番ですが、ほかにも演出方法がいっぱい! ウェディングケーキを100倍楽しく活用する方法をお教えます!

ケーキ入刀

定番中の定番の演出がコレ。かつてはふたりの初の共同作業などともいわれましたが、いまどきそんな陳腐なセリフを言う司会者はいないようです。披露宴の最初の部分で行われることが多いようですが、あえて後半で行っても。生ケーキの場合は、ケーキカットの後いったん厨房に引っ込め、デザート時に招待客に振る舞われるのが一般的です。

ファーストバイト

新郎新婦がお互いにウエディングケーキを食べさせあうもので、フィーディングとも言います。新郎から新婦への一口は「一生食べさせてあげる」、新婦から新郎への一口は「一生おいしいものを作ってあげる」との意味があるそう。新郎から新婦への一口は普通のスプーンで、新婦から新郎へは大きなスプーンでケーキを口いっぱいに頬張らせるというのがお約束です。

新郎新婦のファーストバイトに先立って、「見本を見せて」とご両親にお願いするケースも。ご両親には内緒にしておいて、その場で突然お願いしてびっくりさせるパターンが多いようですね。

ラストバイト

ファーストバイトから派生した演出で、両家の母から新郎新婦にそれぞれケーキを食べさせてあげます。こちらは「最後の一口」ということで、子育ての仕上げという意味合いを持たせてあります。サプライズで行うことが多いようですね。

ケーキの飾り付け

生クリームだけを塗ったシンプルなケーキと、フルーツやチョコレート、マジパンで作った人形などケーキの飾りを別々に用意しておき、招待客に飾り付けをお願いします。新郎新婦が中座している時の演出としてもいいですね。また、飾り付けを両家のお母様に頼むというケースもあるようです。

ケーキ入場!

ウェディングケーキは通常はメインテーブルの隣にセットされていますが、「ケーキ入場!」と声をかけて、厳かに登場させるのもありです。こだわりのケーキを用意した場合などにおすすめ。また、ケーキのエスコートを兄弟姉妹や仲の良い友人などに頼むのも、楽しい趣向だと思います。

各テーブルでのケーキカット

ゲストテーブルに小さなケーキをそれぞれ用意します。新郎新婦がテーブルごと訪れて、そのケーキをカット。ケーキをカットした後は、そのテーブルのみなさんに召し上がっていただきます。キャンドルサービスの替わりの演出としてもいいですね。
 
★ウェディングケーキの演出はまだまだ続きます!★
 

更新日:2013年08月28日

(公開日:2002年04月04日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する