ビーズ/ビーズの知識とテクニック

ビーズの基本テクニック:丸カンの付け方

パーツをつないだり、金具を取り付けたり、ビーズアクセサリーに欠かせない丸カンの付け方です。必ず覚えてくださいね。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほぼすべてのアクセサリーに登場!パーツ使いの基礎

ビーズアクセサリー作りに多用するテクニックです。しっかり覚えて、美しい仕上がりを目指しましょう。

各写真は、クリックで拡大されます。わかりにくいところは、クリックを!

ビーズ基本テクニック
開き方 丸カンはタテ方向にひねるようにして開く。
ビーズ基本テクニック
図のようにヨコ方向に開くのはNG。こうするときれいに閉じない上、金属疲労が起きもろくなりやすい。
ビーズ基本テクニック
付け方 開いた丸カンに、つなぎたいチェーンや他のパーツを通す。
ビーズ基本テクニック
開いたときと同じように、タテにひねって閉じる。手でも開け閉めできるが、先の細いペンチなどが2本あると便利。

丸カンを付ける効果

丸カンは単純な「つなぎ」としてだけでなく、パーツの向きを変えたり、長さを調節したりする役目も果たします。場合に応じて、上手に利用してください。
ビーズ基本テクニック
丸カンなしで付けた場合。パーツがヨコを向き、「揺れ」の幅も小さい。
ビーズ基本テクニック
丸カンを一つ加えてつなぐ。輪が互い違いにかみ合うことでパーツが正面を向き、パーツが自由に揺れるようになった。

【関連リンク】

更新日:2007年03月13日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    8

    この記事を共有する