Windowsの使い方/Windowsのデスクトップ・画面

Windowsのスクリーンショットの撮り方

今回はWindowsでのスクリーンショットの撮り方を解説します。一口にスクリーンショットを撮るといっても、いくつかの方法があります。パソコン操作の説明やトラブルの原因究明の手助けにWindowsのスクリーンショットがお役に立ちます。

執筆者:酒井 雄二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Snipping Toolで画面を切り取る

デスクトップをハサミでチョキンと切り取りたいと思ったことはありませんか? Windows VistaおよびWindows 7ではSnipping Tool(スニッピングツール)という画像の切り取りができるアクセサリが用意されています。

Snipping Toolを起動するには[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[Snnipping Tool]の順にクリックします。
 

 

Snnipping Toolを起動すると次のダイアログボックスが表示されます。初めて起動したときは、四角形の領域を切り取る設定になっています。
 

 

Snnipping Toolを起動するとマウスポインタが十字になりますので、切り取りたい領域をドラッグします。
 

 

領域の指定を終了すると、次の画面が表示されます。この画面で[ペン]ツールをクリックすると、画面にコメントを書くことができます。コメントを消したいときは、[消しゴム]ツールを使います。また、[蛍光ペン]ツールで文字を強調することもできます。
 

 

切り取った画像を保存したいときは、[切り取り領域の保存]ボタンをクリックします。さらに続けて画面を切り取りとりたい場合は、[新規作成]ボタンをクリックします。

更新日:2009年12月24日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    357

    この記事を共有する