男の靴・スニーカー/カジュアルシューズ

やっぱり気楽に履きたいローファー その2

今回の「メンズシューズ基礎徹底講座」も前回に引き続きローファーを採り上げます。サドルの違いをまず見た上で、アメリカ的印象の強いこの靴が、イギリスやフランス的解釈ではどう変化するかも考えます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最初は室内履き? イングリッシュローファー

チャーチのローファー
かつてのチャーチの隠れたベストセラーだったソールズベリーというモデルです。アメリカのローファーに比べドレッシーな面持ちなのは一目瞭然。これを使いこなせれば、相当の洒落者です。


ローファーが大西洋を越えイギリスに入ると、アメリカのものに比べつま先の造形が明らかにシャープになってまいります。またサドルの位置がより足首寄りとなり、甲を覆い隠すヴァンプも長めに設定される傾向も顕著になります。あくまでカジュアルシューズの範疇ではありますが、優雅な雰囲気に変化するのです。だからでしょうか、前のページでとりあげた「フルサドル」仕様も多く見られます。

そもそも今日のローファーの原型は1920年代、ロンドンの今は亡き誂え靴店の老舗・ワイルドスミスが生み出したと言われています。どうも当初は、上流階級向けの室内履きとして提案されたらしい…… ところがどう足を踏み間違えたのか、それは次第にモードなカジュアルシューズへと意味合いが変化し、当時イギリスに留学していたアメリカ人大学生に持ち帰られた後、前回ご紹介したようなアメリカンなローファーにリファインされたようです。だから、上の「アメリカ→イギリス」的な書き方は、本当は向きが逆!

歴史的背景はそんな感じなのですが、正直このスタイルの靴は、今日の感覚だと履く場を選ぶのが結構難しい気もします。ビジネスにはやはり軽い印象を与え過ぎてしまうし、逆にカジュアルと割り切っても、どうも肩に力が入っているような感じがしないでもないのです。ただ、この靴のある種中途半端な感覚を逆手に取って積極的に活用していたのが、かのチャールズ皇太子でしょう。

このイングリッシュローファーやタッセルスリッポンなどを、彼が敢えてダブルブレストのスーツと合わせていたのを一時期の報道写真等で暫しご覧になられた方、結構多いと思います。これは周囲の方々に過度な緊張感を与えないための、彼なりの確信犯的ユーモアと言えそうです。我々一般人に無難なのは、ウェストの絞りが効いた無地のカシミアジャケットを、普通のネクタイではなくアスコットタイと合わせて休日にちょっとお出かけ、みたいな感じがせいぜいかな?


フレンチローファーの名作は、「色」を楽しみたい!

ウエストンのローファー
こちらもちょっと価格は張りますが、靴好きならば一度は必ず憧れる、J.M.ウエストンのローファーです。ちょっと見にくいのですがこの靴は紺色。通常の黒・茶もいいですが、このローファーはこうした「色物」がまた格別!


ローファーがさらにドーバー海峡を渡りフランスに入ると、また一味違った風貌に変化いたします。代表例がこのJ.M.ウエストンのもので、グッドイヤー・ウェルテッド製法で踵にも芯が入り甲をサドルでがっちり押さえこむ手堅い構造は、快適に感じるまである程度の履き慣らしが正直必要。なのにオールデンのローファーに比べ表情は不思議と軽快で、ドレスとカジュアルとの「隙間感」が、高次元かつ繊細に表現されています。

普通の黒や茶色ももちろんありますが、この靴には紺や深緑が定番で存在してしまうのが、さすがフランス人の色彩感覚のなせる業なのですな。一見コーディネートしづらいと思われがちなこれらの色は、確かにビジネス向きではありませんが、オフタイム用と割り切って考えると意外や意外、様々な装いに素直に対応してくれるのです。クロコダイルやリザードなどいわゆる「エキゾチックレザー」が全く厭味なく映えてしまうのも、このローファーの隠れた魅力。履く場があるのかと問われてしまうと正直???なのですが、クロコローファー、いつかは欲しいなぁ……

圧巻だったのは1990年代半ばにあった、フランスのデザイナーであるジャン・シャルル・ド・カステルバジャックとのコラボレーションモデルでしょう。真っ赤や真っ青それにビタミンカラーの黄緑やイエローのもの、さらにはアッパーのパーツごとにそれらの色を変えたローファーが存在していたのです! フォルムがド定番だからこそこの「色」で斬新さが強烈に印象づけられ、上記の紺や深緑のモデルですら目立たなく感じたほどでした。今でも単色のものについては、パターンオーダーにて製造可能なはずです。


最後のページはローファーのコーディネート面での注意点について!

更新日:2008年02月14日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する