相続・相続税/相続の手続き

遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書の作成の目的は、名義変更や相続税申告等のために、とても重要な書類です。遺産分割協議書の書き方(書式・注意点・雛形)を確認しましょう。

執筆者:清水 真一郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
遺産分割協議書の作成の目的は、不動産や預貯金の名義変更等や相続税の申告書への添付の為だけでなく、相続人間における分割内容の合意・確認や、法的にも分割が終了したことを明確にするといった意味合いがあり、とても重要な書類です。

今回は、遺産分割協議書の書き方(書式・注意点・雛形)を確認しましょう。

遺産分割協議書の書式

遺産分割協議書の書式は?

遺産分割協議書の書式は?

遺産分割協議書は相続人全員で作成します。決められた書式はありませんが、誰がどの財産を取得したのか名義書換機関にも分かるようにしなければいけません。その上で、数ページに渡るものは割印を押し、自署し実印を押します。作成部数は、最低でも名義変更用(使回し)と控えの2部です。

名義変更の際には、この遺産分割協議書に印鑑証明書と相続証明(戸籍謄本等)を添付します。

遺産分割協議書の作成期限

遺産分割協議書の作成に期限はありません。しかし、相続税の申告をする人は、申告期限(相続開始後10カ月)までに分割をしないと税制上の恩典が受けられません。

財産・債務はもれなく記載

遺産分割協議書作成の注意点

遺産分割協議書作成の注意点とは?

財産・債務は、もれなく記載することが必要です。また代償金(ある相続人が多く取得する代償に他の相続人に現金等を支払うこと等)の受け払いについても記載します。後に判明したものがあれば、その財産・債務については再度遺産分割協議が必要になります。

なお、生命保険金・死亡保険金は遺産分割協議の対象ではないため記載はしません。

できるだけ具体的に

遺産分割協議書の作成にあたっては、他人に財産の全てを知られたくないとのことから、「全ての遺産」という表現を使うこともあります。しかし、少なくとも不動産に関しては名義変更(登記)の関係上、具体的に明記したほうが良いと思います。

また、後々のトラブルの原因とならないように、その財産を特定できないような曖昧な表現はしないようにすることも大切です。

複数回に渡る作成

財産ごとに遺産分割協議書を作成することもできます。例えば、相続税の納税のために売却する土地の分だけ遺産分割協議書を作成し、後日、他の財産の遺産分割協議書を作成することもできます。

遺産分割のやり直し

遺産分割協議のやり直しについては、法的には有効ですが、課税上は当初の分割内容で確定するため、やり直しによる相続人間の財産の移転については、贈与として認定されることになります。

遺産分割協議書の雛形は次のページで!>>


更新日:2014年02月21日

(公開日:2009年10月03日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する