税金/住民税の基礎を学ぼう

社会人2年目の6月 給与の手取り額が減る!

社会人2年目になると、給与の手取り額が減るのをご存知ですか? せっかく昇給したのに、手取り額は変わらず、なんてことも。その理由は住民税です!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
給料
社会人2年目となると、新入社員の後輩もできたり、仕事も慣れて順風満帆! と言いたいところですが、お給料事情はちょっと違いますよ
これまでの記事で、 「初任給 業種、学歴でどれだけ違う?」「スタートが肝心!新会社員におくる給与術」と、初任給についての情報をお届けしてきました。

この時期に注目される初任給ですが、もうひとつ忘れてはいけないことがあります。それは「入社2年目」の給与の手取り額です。実は、入社2年目に手取り額が減るのです。今回は、そのわけをご紹介しましょう。

住民税は1年遅れでやってくる

入社2年目の手取り額が減る理由は「住民税」です。住民税には1年の所得(1月から12月まで)に対して支払う「所得割」があります。この住民税の所得割は、前年の所得に対して支払います。つまり、住民税は前年の1月から12月の所得に対してかかってくる税金です。

それに対して「所得税」は、その年に課税は終わります。1月から12月の所得にかかる所得税をその年のうちに払っているのですね。所得税は、毎月の給与から天引きで源泉徴収され、12月の年末調整で清算されます。年末調整で、年間の所得や控除などが考慮され所得税が決まります。(一部、翌年以降に確定申告をする場合もあります)

ある年の所得に対して、所得税はその年に、住民税は翌年にかかってくるのですね。所得税は国への税金で国税庁が管理しています。住民税は県や市町村の税金。まずは国が所得を確認して、その所得データを市町村が利用しているといったところでしょうか。

6月の給与から天引き

社会人1年目は、前年に所得がないため住民税はかかりません。しかし、社会人2年目になると前年の所得(社会人になった4月から12月まで)に対して、住民税がかかってくるのです。社会人1年目にはかからなかった税金が、2年目からはかかってくるということです。

この住民税、いつから支払うことになるのでしょうか? 社会人は給与天引きで住民税を支払うのが一般的です(特別徴収といいます)。この住民税の天引きは6月からはじまります。6月から翌年5月までの12か月で年間の住民税を支払うというわけです。

住民税の仕組みはわかりましたが、住民税ってどれくらいの負担なのでしょうか? 次のページで詳しくご紹介します。

更新日:2013年05月07日

(公開日:2008年05月30日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    8

    この記事を共有する