学費・教育費/学費・教育費の平均データ

高校でかかる学費とお金

高等学校でかかる学費とお金について、文部科学省「子どもの学習費調査」に基づき見てみましょう。公立と私立に分けて考えます。

この記事の担当ガイド

家計の永続性と子どもにかけるお金のバランスをアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私立高校の学習費総額

私立高校で、一年間に平均してかかるお金の合計と内訳は次のとおりです。

<私立高校でかかる学習費>
  • 合計 966,816円
  • うち学校教育費     72万2212円
  • うち学校給食費             0 円
  • うち学校外活動費 24万4604円
学年別推移でみると下記のようになります。私立で入学金があるため、入学年度はほかの年よりも学習費がかかります。学習費自体も、平均とはいえ、私
立はかなりかさみます。

<学年別 私立高校でかかる学習費>
  • 1年 116万1743円
  • 2年 84万7989円
  • 3年 87万6466円
学校教育費と学校外活動費の内訳について詳しく見てみましょう。

私立高校でかかる学校教育費の内訳

学校教育費(年平均)の内訳は次のとおりです。高校無償化や自治体ごとの私学助成制度などにより、授業料は抑えられています。
  • 授業料                               23万7647円
  • 修学 旅行・遠足・見学費      5万2520円
  • 学校納付金等                     23万4394円
  • 図書・学用品・実習材料費等 4万2551円
  • 教科外活動費                       4万1086円
  • 通学関係費                         10万9273円
  • その他                       4741円

私立高校でかかる学校外活動費の内訳

私立高校に学校外活動費は下記の通り。やはり学習塾費が大きいことがわかります。
  • 家庭内学習費 2万5037円
  • 家庭教師      1万9784円
  • 学習塾費     12万4052円
  • その他        1万3691円
  • 体験・地域活動      6190円
  • 芸術文化活動  1万7044円
  • スポーツレクリエーション活動 1万4367円
  • 教養・その他    2万4439円

授業料無償化制度の所得制限と低所得層への給付型奨学金

2010年度以降、公立高校同様、私立高校でも授業料が軽減されてきました。私立は平均授業料が約38万円と公立より高いことから、公立と同額の11万8800円を基準にして、所得に応じて1.5~2倍の加算もあり、高校生のいる世帯はすべて対象になっていました。

しかし、公立高校同様、2014年度より所得制限が設けられます。夫婦と子ども2人の4人世帯で世帯年収910万円未満の世帯のみ対象になります(共働きの場合は合算)。

また、同じく2014年度から低所得層への給付型奨学金も設けられます。年収250万円未満の層を対象に、年間で約13万円が支給される見込みです。

【関連記事】
中学校でかかる学費とお金
大学でかかる学費とお金

更新日:2014年01月26日

(公開日:2009年08月31日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    28

    この記事を共有する