光畑 由佳

子育て ガイド 光畑 由佳

みつはた ゆか

お茶の水女子大学被服学科卒。次女の出産後、電車内での授乳体験を機に、「産後の新しいライフスタイル」を提案するため授乳服の製作を開始。お産・おっぱいをサポートする「モーハウス」を立ち上げる。表参道の路面店・青山ショップなどで「子連れ出勤」を実践中。内閣府・女性のチャレンジ賞ほか受賞歴多数。

ガイドからの挨拶

こんにちは、光畑由佳です。

1997年夏。電車の中で泣き止まない子ども。車内での授乳。戸惑い、周りの視線、たくさんの気持ちのせめぎあい……。授乳という自然な行為が母親たちの行動を拘束しているという違和感が、モーハウス誕生のきっかけでした。

自宅で一人で作りはじめ、イベントを開き、共感してくれる母親たちや助産師さんたちが集まり……。少しずつモーハウスは変わってきましたが、私たちの思いはずっと同じ。女性たちが心地よい自由な生活を、赤ちゃんと一緒に楽しんでほしいということ。授乳服を通して発信してきたこのメッセージは、この間にずいぶん浸透してきました。

授乳服が市民権を得はじめた今こそ、よりよい「授乳生活」を実現するためのテクニックや、授乳アイテム選び、子どもとの関わり方をお伝えしたいと思います。

しなやかだけど芯のある「アルデンテ マザー」を目指して、一緒に考えていきましょう。

自分自身の心地よさは、子どもの心地よさにつながります。母となった女性が生き生きと暮らせる社会をめざし、出産育児という人生の節目を好機とできるよう、肩の力を抜いて楽しくガイドしていきたいと思います。

経歴・バックグラウンド

お茶の水女子大学被服学科卒。美術企画や編集者を経て、自らの経験を元に授乳服メーカーを立ち上げる。
1997年、電車内での授乳経験をきっかけに「産後の新しいライフスタイルの提案媒体」として授乳服の製作を開始し、その後モーハウスを立ち上げる。
1999年から、いいお産の日inつくば&青山等のイベントや、ステージ上で実際に授乳する「授乳ショー」等で新しい子育てスタイルを発信し、さらに、会社組織として子連れ出勤を実践し、新しい産後女性のライフスタイルを提案している。

■受賞履歴(抜粋)
2006年 経済産業省 IT経営百選最優秀企業
2007年 茨城県 男(ひと)と女(ひと)ハーモニー功労賞
2008年 いばらきデザインセレクション2008 知事選定
2009年 内閣府主催、平成21年度「女性のチャレンジ賞」
全国商工会議所「女性起業家大賞」
2010年 ハイサービス日本300選(経済産業省系)
キッズデザイン キッズセーフティ賞
グッドデザイン賞
東京商工会議所 勇気ある経営大賞
2011年 茨城県子育て応援企業・子育て家庭応援部門受賞
中小企業庁長官賞
その他の受賞履歴はこちら

■ホームページ
モーハウス
マザーライフアソシエーション・らくふぁむ

■ブログ
ミツハタ日和

経営・所属している企業・団体・協会

モーハウス/1997年創業の授乳服専門メーカー。
女性のライフスタイル情報発信基地として運営。
母乳育児体験スタッフの多いマンパワーを活かし、更に、助産師や外部研究機関、大学との共同開発・共同研究も積極的に進め、本格授乳服の企画制作している。
産院や助産師等と共同で子育てや授乳の楽しさを伝えるイベントも多数開催する。
創業以来スタッフを含めた子連れ出勤制度を各方面から取り入れ注目を浴びる。表参道の路面店「青山ショップ」、つくば市内の「つくばLALAガーデンショップ」を赤ちゃんとの生活に大きな可能性を感じられるアンテナショップとして運営。